面接では笑え!スマイルが激変させる、緊張就活生の印象と内定確率

面接では笑え!スマイルが激変させる、緊張就活生の印象と内定確率

魅力的なレジュメで、書かれている内容も誠実さと優秀さが滲み出ているのに、会った途端「こりゃだめだ!」という就活生は、たくさんいらっしゃいます。日ごろはフレンドリーで明るくいい人なのでしょうが、面接になった途端、自然な笑顔が消えてしまう人たちです。笑いましょう。もちろん、面接で爆笑されても困ります。しかし適度なスマイルでアイスブレークすることは、面接に限らずビジネスで非常に重要なのです(対人インターラクションが少ない、トレーダー等は別ですが)。マック〇〇さんではないですが、口角を上げてスマイル!

面接では笑え!スマイルが激変させる、緊張就活生の印象と内定確率

東京大学工学系研究科Iさんより質問

投資銀行/戦略コンサルの面接をされていて気づく、優秀な学生でも誤解している可能性のある「やってはいけないこと、マイナスになること」があれば教えて頂きたいです。

面接である以上必ずマイナス要因になる、「雰囲気が暗い」、「言葉遣いが悪い」、「身だしなみが悪い」、「的確に言いたいことを表現できない」など以外の盲点になりそうなことがありましたら是非知りたいです。

講師による回答:いくら賢くても、可愛げのない人は雇いたくないという真実

優秀な学生、の定義にもよるが、所謂”お勉強はできるけど、チームワークの仕事が不可能な人”に多いのは、「受験的には賢いかしらんけど、むやみやたらと攻撃的なヒト。」

一番多い”受験エリート就活面接自爆テロリスト”のパターンは、自分の承認欲求が”あなた賢いね”と言われることで満たされるタイプで、やたらと”自分の方が賢い”というアピールをしようという人だ。しかしながら、就活のグループディスカッションで周囲を粉砕して恍惚に浸ってる場合ではない。

面接では””論理的思考能力”ではなく、”感じのいい、論理的グループ思考能力”がより重要なのである。

次に多いのは、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング