コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサル中途転職の面接ポイントとは?

コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサル中途転職の面接ポイントとは?

外資系戦略コンサルは、転職時はどのような能力が評価されるのでしょうか?また新卒か転職どちらが有利でしょうか?長らく務めてパートナーを目指すのであれば、そもそも学習速度の速さとチームワーク能力の高さが重要です。また若い新卒の方が、コンサルとのフィットが無かった時の転職が有利ですし、忠誠心の面でも新卒を優遇するコンサルファームも存在します。しかし中途転職組は、業界専門性と地に足着いた日本企業の動かし方を心得ています。なおシニア採用であれば、顧客に良質のケースを売り、社員を育てられる人が求められます。

コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサル中途転職者面接ポイントとは?

東京大学大学院 経済学研究所 Kさんより質問

外資系の戦略コンサルは、新卒より中途のほうが入りやすいのでしょうか?
また中途ではいるため、どんな能力が評価されるのでしょうか?
コンサル転職を果たす人は、どのようなキャリアの人が多いでしょうか?

中途VS新卒という比較より、本質的なコンサルへの適性(学習速度の速さとチームワーク能力の有無)を自問しよう

人と市況によりケリです。新卒の方が入りやすい人もいますし、新卒では無理でも、新卒で入った企業での経験を活かしてコンサル転職を果たす人もいます。
また新卒の学歴が足りなくても最初の仕事で活躍して海外一流MBA留学を経てコンサル転職を果たす人もいます

肝心なポイントは、コンサルで長期キャリアとパートナー目指して頑張るのであれば、本質的なフィットがなければ(コンサルに向いていなければ)茨の道で、心身ともに傷だらけになって最後は路頭に迷うということです。

しかし、たいして向いていなくても、数年プロジェクトマネジメントの何たるかを学ぶ上では、まだ未経験でも他...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム