ケース面接対策が絶対無意味な、残念4パターンとは?~コンサル転職対策失敗編

ケース面接対策が絶対無意味な、残念4パターンとは?~コンサル転職対策失敗編

ケース面接に不安を抱えているコンサル志望者は非常に多い。それに付け込み、最近様々な「コンサル転職のためのケース面接対策講座」が増えているが、その実効性は低く、”無駄な努力”に終わるケースも多い。というのも、それを教えている「専門家」自体が、別にケース面接に上手く答えられるわけでもないからだ。その「ケース面接対策残念4パターン」を解説する。このどれかに当てはまっている場合は、「コンサル転職対策への時間の使い方が間違っているのでは」と再考していただきたい。

ケース面接対策が絶対無意味な、残念4パターンとは?~コンサル転職対策失敗編

驚いたことにこのstrong careerのケース面接対策テキストを購入される方の中にも、有名な転職サービス会社がたくさんあるのである。

これは、”コンサル経験もケース面接経験もない人たちが、頑張ってケース面接のやり方を本で勉強して、間違ったつけ刃の知識を他人に教えて、的外れな我流の方法論が様々なところで独り歩きしている”ことを意味する。

巷のケース面接対策は、到底ケース面接対策になっていると思えないものも多いので、ここで注意点を書いておくことにしよう。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける