コンサルや金融、PE業界で、「退職するときの直接挨拶」がメチャ重要な理由とは?

コンサルや金融、PE業界で、「退職するときの直接挨拶」がメチャ重要な理由とは?

転職が多いコンサルで重要なのは、退職時の挨拶である。挨拶は相手を重視していることを示す機会だからだ。出世を目指すなら、3日で忘れて永遠に役に立たないビジネス書を多く読むよりも、たくさん心のこもった挨拶をした方が、実は近道なのである。

コンサル退職・金融退職時の挨拶の重要さ

外資金融にしてもコンサルにしても数年で転職することが多いが、肝心なのは退職の時の挨拶。

これ次第で人は自分が重視されているかどうかを感じるので、退職時に丁寧に個人的にメールを送ることは(たとえそれが数百名に及び果てしない作業になっても)非常に重要だ。

彼等・彼女らとの関係を強化する絶好の機会であり、節目節目の丁寧なあいさつは投資対効果が非常に高いのだ。

他人の又聞きではなく、自分で伝えることの大切さ

退職時に非常によろしくないのが、他の人の口から伝わってしまい、”え、私きいてないんだけど”となるケース。

そして最悪なのがメディアに出てしまい(有力PEファームとかだと、自分が退職すると業界の英字新聞に出たりする。私もMBAに行くために退職した時、私の退職に関する記事が出て、恐縮したものである)自分から挨拶する前に、全員が知ってしまっているケースが最悪である。
このメディアというのが曲者で、私も経験があるのだが、やれゴールドマンがどこぞのホテルを売った、やれベインキャピタルが数千億集めた、とかいう記事の下に突然 、私がA社を退社して、B...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング