コンサル志望者がメチャクチャ誤解する、コンサルで絶対に経験・学べないこととは?

コンサル志望者がメチャクチャ誤解する、コンサルで絶対に経験・学べないこととは?

コンサル就職・転職志望者は、コンサルで学べる事、経験できることに多大な誤解を抱いていることが多いものです。やれ途上国の発展に寄与できるのか、やれ将来起業するためのスキルを得られるのか。そもそも起業に必要なのはスキルというよりマインドセットと強い目的意識・問題意識・やり遂げるグリットでありスキル云々の世界ではないのですが、この典型的コンサル就活生・転職志望者が抱く質問に関し、以下で解説いたします。

一橋大学 男性より質問

戦略コンサルを通じて、アジア企業の発展に寄与出来るでしょうか?
また戦略コンサルで、将来の起業のために得られるスキルと得られないスキルを教えてください。

講師による回答

結論から申し上げますと、アジア企業(東南アジアなどの発展途上国を指してらっしゃるのだと思うのですが)というか、アジアで展開する多国籍企業からの案件は現地オフィスでたくさんあるので、そこに入られれば間接的に寄与できるでしょう。

ただし高額のフィーを払える裕福な企業相手ですので、思われているイメージとはかけ離れているかと思います。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける