コンサルで出来ることの限界?「戦略コンサルでアジア企業の発展に貢献できるか」

コンサルで出来ることの限界?「戦略コンサルでアジア企業の発展に貢献できるか」

コンサルはアジア展開する多国籍企業からの案件も多い。しかし、コンサルに依頼できるのは一部の裕福な企業のため、やはりその範囲は限られてくる。

一橋大学 男性より質問

戦略コンサルを通じて、アジア企業の発展に寄与出来るでしょうか?
また戦略コンサルで、将来の起業のために得られるスキルと得られないスキルを教えてください。

講師による回答

結論から申し上げますと、アジア企業(東南アジアなどの発展途上国を指してらっしゃるのだと思うのですが)というか、アジアで展開する多国籍企業からの案件は現地オフィスでたくさんあるので、そこに入られれば間接的に寄与できるでしょう。

ただし高額のフィーを払える裕福な企業相手ですので、思われているイメージとはかけ離れているかと思います。

またアジアの途上国の発展に寄与という意味では例えば世銀系の組織やJBICなどがありますが、最も現地で影響を感じられるのは、マザーハウスのような一部の優良な、アジア各国での製造と販売にこだわっている社会企業などを考えられるとよいでしょう。

コンサルの実態とかけ離れた、社会貢献志望動機に要注意

余談ですが、“発展途上国の開発に貢献したい!” もしくは“環境問題をなんとかしたい!” “世界の貧困を撲滅したい!”系の、”世界平和・貧困解決を願います”系の志望動機は驚くほど多いのですが、それを実行する人はほぼ皆無です。

ぜひ就職活動が終わった後も、今の志を忘れないように頑張っていただきたいと願ってやみません。

さて、相談者様が入られるであろう東京オフィスのコンサルの仕事に関係あるかといえば、かなり連関性は希薄でしょう。

アジア諸国の会社がクライアントになって、あなたがそのケースにアサインされて、おまけに社運を左右するようなビッグプロジェクトで、しかも大成功に終わって、、、みたいな“奇跡の4乗”が実現すれば話は別なのですが、あまりこの手のプロジェクトをコンサルファームで期待するのは望み薄です。

“実際の業務とかなりかけ離れた志望動機”を面接官にぶちまけることの無いよう、重ねてご注意願ください。

ソーシャルセクターのコンサルプロジェクトも欧米オフィスでは増加中

なお、有力ファームの海外オフィスでは、相談者様のような希望を持つ方を社内に取り込むため、様々なプログラムを開始しています。

近年のソーシャルベンチャーやソーシャルアントレプレナーシップへの関心の高まりをうけ、MBB(マッキンゼー、ベイン、ボストンコンサルティンググループ)やストラテジー&Co(旧ブーズ)などの欧州オフィスでは、いくらか働いたのちに数か月や1年という単位で好きなソーシャル企業で働き、また帰ってこさせるという取り組みを始めています。

また、ベインのグローバルオフィスが比較的積極的なのですが、安価でNPOへのコンサルティングなども提供していますので、その手のプロジェクトに入ることは間接的にあなたのおしゃってるビジョンに整合しているともいえるでしょう。

コンサルで身に着くスキルと、着かないスキル

さて、二点目の“経営者を見据えた、コンサルで身に付くくスキル/付かないスキル”に関してですが、これも非常にポピュラーな質問です。コンサルに入ったからといって身につくスキルは、がアサインされるプロジェクトによって、また一緒に働く上司のクオリティによって、またそこで学ぶその人の姿勢によって、大いに大いに変わってくるのです。

コンサルになって羨ましい成長ケースは、会社のほぼ全ての主要部門(財務なり経理なりマーケティングなり取締役会なり、バックオフィスなりITなり)を見るケースにアサインされる人です。
すると、比較的キャリアの早い段階で企業というものの全体像を把握することが出来ますので、その後も部分を見つつも、全体観を意識した思考をできるようになります。

最近ではマッキンゼーの日本オフィスなどでも、日本の大企業の中に一年など長期間、コンサルタントを送り込むエクスターンシップの機会もありますので、コンサルタントとして経験できる仕事の幅は一昔前よりずいぶん拡大しています。(逆に、金融取引のエクセキューションや、取締役会での決定などはビジネスモデル上、経験できなくて仕方のないことであることは、言うまでもありません。)

逆にあまり羨ましくない人は、たとえば“ビジョン設定の前段階の、価値観共有プロジェクト”などと称して、実質敵には経営陣の方々をレジャーのような合宿に連れてって、熱く語らせるプロジェクトだったりします。

なお、起業に必要なスキルは、起業することでしかつきません。起業に最も必要なのはやる気と勇気なので、それらが体内テストステロンの減少で40代から減っていく前に、今は副業でもなんでも簡単に始められるのですから、とにかく始めてみることが、「起業」のための最も効果的な準備かと思います。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69