非・戦略コンサルからプライベートエクイティに転職は可能なのか?3大ルートとは?

非・戦略コンサルからプライベートエクイティに転職は可能なのか?3大ルートとは?

戦略トップファームMBBからのPE転職者は数多くいますが、”じゃないほうのコンサル”がプライベートエクイティ転職を果たすにはどうしたらいいのでしょうか?アクセンチュア、デロイト、PWCなどの総合コンサル(人事・組織領域)からPEファームへ転職するには、どうすれば良いのか。実例を交え、そのパターンを解説します。

非・戦略コンサルからプライベートエクイティに転職は可能なのか?3大ルートとは?

人事・組織コンサルからPEファームに転職できるのでしょうか

早稲田を卒業し、某外資系ファームにて3年間人事・組織コンサルに従事してきた者です。将来はPEで活躍したいと考えております。

最速かつ実現可能性が高い状態でPE(プライベートエクイティ)に転職したい場合、過去の職歴・経歴を踏まえると、どのようなキャリアを歩むのが最適でしょうか。

次はMBA(今年出願)か戦略コンサルを考えており、悩んでおります。又、MBAの方が良い場合、PE転職を視野に入れたお薦めの学校はどこでしょうか。

非戦略コンサルのPEトップファームへの転職は難しい

まずプライベートエクイティのポジションは、投資チーム、資金調達、バックオフィス(ファイナンス、タックスーこれが意外と重要でリターンに大きく響きますが、その理由はここでは割愛)があります。ここでは投資チームを前提に話を進めます。

まず一概にいうのが難しいのは、各ファームでパートナーの個性や方針が違うからですが、一般的に多いのはコンサル・投資銀行・MBAで、中には企業金融を扱う弁護士上りも結構いたりします。

なお医者など全く違うキャリア出身の人も多いですが、やはりコンサルやMBAを数年挟んでくる方が多いです。

例えば、
✔東大医学部を卒業され、医者として働いていた方が、マッキンゼーで数...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける