外資系投資銀行の激務の中で、働き続けるモティベーション3大パターンとは?

外資系投資銀行の激務の中で、働き続けるモティベーション3大パターンとは?

厳しい環境下で働く者のモチベーションの源泉は何なのか。投資銀行の激務に耐えられる人の、働くモティベーション3大パターンを論じます。

外資系投資銀行の激務の中で、働き続けるモティベーション3大パターンとは?

投資銀行の激務をこなせる人のモティベーションパターンその1が、企業戦略や財務戦略を学ぶことが、奴隷制度もびっくりな激務をこなすコストを上回っているタイプである。

たしかに非公開内容を多数取り扱うことから客先企業、それも日本を代表する大企業の裏側について詳しく知ることができることだろう。

優秀な人材が揃っているIBDでは人一倍知的好奇心が大きい者が多いので、ハードワークの中においても彼らの向学心は縮小することがない。

どんな仕事においても必要な、日々行う全てから学びを得ようとする姿勢はIBDとて例外ではないということである。

逆に、単なる高給とエリートっぽさに(2020年代、投資銀行をエリート職と思ってる人は恐竜と化してきているが・・・)憧れではいってきた人は、たいてい長続きしない。

実際は大手町か六本木のビルにへばりついて深夜まで細かい書類作成やエクセルワークをするという精神的・肉体的コストが、自分の好奇心の方向性と合っていないのであれば、この意味でのモティベーションを感じることはできないので、キャリア再考を促したい。

常に働いていたい~忙殺されることで出てしまう、「必要とされている」感のドーパミン

投資銀行の激務をこなせてしまうモティベーションの危険な二つ目のパターンが、”承認欲求”型である。

つまり、どれほど過酷であろうと、上司に褒めてもらい、周りに必要とされる状況が脳内快感を呼び起こし、必要とされる感覚の為であれば自分のすべてをささげるように、特殊進化を遂げてしまったパターンである。

なお、承認欲求が強いだけでなく、承認されうる強みを持ち合わせていなければ、このパターンのモティベーションは維持できない。

本来強みであるべき”細かさ””正確さ”をいかんなく発揮できる方は、おおざっぱで細かいミスが多いタイプの、「承認されたいけど向いていない人」に比べ、投資銀行の激務をモティベ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける