就活時に自問すべき、「自分はどう生きたいか」問題~憧れの人を真似るのが第一歩!

就活時に自問すべき、「自分はどう生きたいか」問題~憧れの人を真似るのが第一歩!

就職、転職など、人生の大きな決断をする時、重要な価値観となるのが”どのように生きていきたいのか”です。受け身の姿勢が評価された受験勉強から、いきなり主体性を求められるコンサル・金融の採用過程。この”評価軸の変化”に迅速に対応すべく、自分の生き方を決めるときの、簡単な2ステップを議論します。「どう生きたいか」を考えなければならないのに、皆目見当がつかないとき、最初の誰でも出来る簡単なステップとは?

就活時に自問すべき、「自分はどう生きたいか」問題~憧れの人を真似るのが第一歩!

「上の言うことをきちんと聞く優等生」の賞味期限は、大学受験までだ。

大学・大学院を卒業し、社会人として働き始めると大きくみえてくることがある。その人がどれだけ”決断”してきたかどうかだ。この傾向は幼少期~小学生くらいまでの経験に大きく依存する。親が与えてくれる、厳しすぎて考えることを許されなかった等、多くは親との関係性によって形成される、後天的な資質である。

受験勉強と社会人では、評価される軸が一気に変わる

日本において、学生でいる間は自分で考え、決断するという行為は求められない。むしろ、何も考えずに従ってくれるような子供が評価されたりする。

にもかかわらず、社会に出たとたん、急に評価軸が変わるのである。だが、いつまでもその状態ではいけない。意識して、自分は変わると”決断”するときがきたのだ。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける