外資金融からの転職か留学など進路の悩みは、この4大ポイントを考えよう!

外資金融からの転職か留学など進路の悩みは、この4大ポイントを考えよう!

エリートビジネスパーソンたちも、本当は何をやりたいのかわからないことが多く、本当は進路に悩んでいるものです。 外資系金融機関で働くプロフェッショナルが、MBAに進むのかロースクールを目指すのか、進路相談を寄せてくださいました。弁護士資格を有するStrong Career講師が回答いたします。

◆Question (外資系証券会社 ECM勤務 男性より質問)
私は、去年大学を卒業し、欧州系の某大手証券会社の資本市場部で仕事をしています。

 といっても、人生本当に何がやりたいのか分かっていなくて、将来の選択肢を広め、人生の視野も広めるためにアメリカでMBAかロースクール留学を考えています。  

漠然とした質問で恐縮なのですが、私のこういう考え方の方向性について御セミナー先生方のご意見やアドバイスをして頂けますでしょうか?  

今の時点で職歴は1年、留学が開始するまでには少なくとも2年はある計算で、いまのCapital Marketsという部門もレジュメ上「つぶし」のきく職歴に該当するのかな、といろいろ曖昧に考えすぎて、迷っております。

◆Answer (セミナー講師より回答)

心配無用です。貴方は非常に迷っておられる。しかしそれはとても健全な悩みです。  

将来のキャリアの選択肢を増やすということは、人生の中長期的リスクをヘッジすることです。

「今プレミアム0円で、人生のコールオプションを買っている」という風に捕らえて、これからも堂々と真剣に悩み続けましょう。 

さて、貴方の大まかな悩みについて、私は「何年後にこの学校にいってこうしろ」という答えを差し上げることはもちろんできません。

貴方の人生、貴方が決めるからこそその決断に責任感を持ち、結果として持続と成功と自信に繋がるものであるはずです。

しかし、私の外資系証券...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける