コンサル在職時のモラトリアム期間に、優秀な同僚に接近すべきたった一つ理由とは?

コンサル在職時のモラトリアム期間に、優秀な同僚に接近すべきたった一つ理由とは?

コンサルでは平均何年くらいの在職期間が多いのでしょうか?その後どのようなコンサル後の転職先があるのでしょうか?コンサル志望者が投げかける超典型的な質問ではありますが、往々にしてコンサル在職中のモラトリアム期間中に、「自分がやりたいことが見つからなかった」などと嘆く人も少なくありません。しかし、別にコンサルで多くの産業を経験したところで、やりたいことなどたいていは見つからないもの。そんなときのポストコンサル戦略で大切なのは、「めっちゃ成功しそうなスター同僚」を射止める「コバンザメ戦略」なのです。

コンサル在職時のモラトリアム期間に、優秀な同僚に接近すべきたった一つ理由とは?

◆Question (慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 男性)

私は幅広いバックグラウンドの人たちと接することができ、組織のヒエラルキーをつきぬけた仕事ができるコンサルタントに魅力を感じ、コンサルを志望しています。新卒でコンサルティングファームに入ったら、一人前のコンサルタントになれるまで一つのファームで働いていこうと考えています。

その後の進路はまだ漠然としていて、コンサルタントとして働く中で方向性を決めていこうと考えています。

一般的にいって、コンサルタントは、一つのファームに一生いるわけではないでしょうが、新卒で入社後、どのくらいの期間一つのファームで働いているのでしょうか?

その後、起業したり、他業界に転職したり、というケースはどのくらいあるのでしょうか?

コンサルはキャリア・モラトリアムを過ごすには最適な仕事の一つ~超優秀な同僚へ接近せよ!?

コンサルに入る人の大半は、その後何をやるかはコンサルをやりながら考える人々ですので、あなたのような方は多くコンサル志望者の中にいらっしゃいます。

御質問に答えますと、一つのファームの在職期間は代替3~5年が多いです。これは一通りコンサルの動きを覚えるのに必要だったり、「コンサルから出た方が追加的な学びが多い」という域に達するまで、これくらいの時間がかかるからと、ファーム側も数年は退職勧奨までに見てくれることが多いからです。

コンサルを10年、15年と続けてパートナーを目指す人は稀で、一部を除き数年単位で転職します。

その転職先はクライアント企業に移ったり、投資銀行でファイナンスを学...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける