激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??

激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??

外資系金融機関、特に投資銀行部門に入ると激務だと聞いている方は多い事でしょう。それでは、激務の中でも具体的に、どのような雑務で激務になるのでしょうか?またその「雑務の激務」に耐えるためには、何が必要なのでしょうか?外資系投資銀行で勤務するストロングキャリア講師が、「納得感醸成の重要性」について解説致します。

激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??

若手投資銀行家の悲惨な実態~激務内容3パターン

既に覚悟が出来ている方も多いとは思うが、アナリスト、アソシエイト時代は大抵が、まず第一に資料にミスがないかチェックしつつ “パワポのフォントがグローバルフォーマットと適合しているかどうか”にキャリア人生をかけて取り組むのである。

第二に、エクセルワークが死ぬほど多い。アナリストの時代は、マクロを使ってデータアップデートなどを自動化し、正確に早くできるかどうかが命運を分ける。

第三に、これが結構虚しいのだが、「いかにうちのバンクがM&Aや増資、転換社債の発行で、グローバルでも日本でもナンバーワンか」というピッチ資料を、対象データを期間やサイズで区切ったり、なんやかんやイチャモンをつけて他社の大規模ディールを排除したりして、ほぼ全てのバンクが「うちが一位」みたいなピッチ資料を創る日々が待っているのだ。

これは顧客企業の問題点やソリューションを考えることに全く貢献しないので、投資銀行若手の虚しい作業の中でも、しょうもなさはピカイチではなかろうか。

以下に、投資銀行の激務から得られるものと失うものを紹介しよう。最近、アナリストーアソシエイトを6年やり、今年からバイスプレジデントになった外銀各社の友人達は、“結局1年目と大して変わらない泥作業が6年続いた”と嘆息する。

激務の果てに得られるモノ・失われるモノ~激務の対価としての報酬水準は、十分か?

午後11時50分に会社を出れて喜んでいるのはもはや、労働時間に対する感覚が麻痺しているといえよう。そんな激務の代償に何を失い、そしていったいどれくらいお金もらえるのか。

新卒から6年目の最終アソシエイトで、基本給はせいぜい1200万、ボーナスは年収の100%弱のイメージだ。VPになれば1500-2000の基本給。ボーナス込でも4000万、5000万で、そこから税金やら何やらひかれて結局2000万くらいしか手元に残らない、という割に合わない人も結構多いのだ。(ちなみに規制の緩かったリーマンショック前と比べ、上級幹部の億単位だった報酬は、1...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング