コンサル転職の志望動機、典型的3大パターンとは?~それをアピールしても無意味!

コンサル転職の志望動機、典型的3大パターンとは?~それをアピールしても無意味!

コンサル業界へ転職される方の志望動機のパターンについてまとめました。

コンサル転職の志望動機は、いくつかの典型的パターンがあります。

まず第一に多いのは、戦略をたて、組織を改革するプロフェッショナル、チェンジエージェントになりたいというもの。これは大手事業会社で経営改革のプロジェクトを経験して、ずっとこのようなプロジェクトで働きたいと思われたケースも多いですし、コンサルを使う側の時に、コンサルタントの優秀さに感銘をうけてそちら側で働きたくなった、という人もいます。

次に多いのが、現職が緩すぎて成長を実感できないパターンです。自社の緩さや経営陣への不満、危機意識や向上心の無さ、同僚や上司から学ぶものが何もない、という不満からコンサル転職を志望されるケース...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける