コンサル面接の落とし穴~ケース面接対策失敗の3大パターンとは?

コンサル面接の落とし穴~ケース面接対策失敗の3大パターンとは?

コンサル転職の基本、ケース面接に苦手意識を抱いておられませんか?ケース面接は問題解決型にしてもフェルミ推定型にしても、面白さと構造のバランスが重要です。ケース面接で失敗しないために意識したい、3つのポイントをまとめました。つまらないことがMECEになっているケース、面白いことが突然感たっぷりで展開されるケース、そして全体感なく迷走する3パターンのケース面接失敗例を、意識しておきましょう。

コンサル面接の落とし穴~ケース面接対策失敗の3大パターンとは?

ケース面接はコンサル転職志望者の中で最も心配されることが多いテーマです。よくアメリカのMBA向けケースインタビュー対策本や、学生同士のケース面接勉強会などがありますが、その多くはコンサルファームで実際にコンサル採用インタビューをする身で読むと、的外れなものが多いのが実情です。

ケース面接はビジネスの課題を論理的に分解でき、ビジネススクールで習うようなフレームワークがどれだけ身についているのか、思考のスピードを試すのが本来の目的だったはずです。

しかしいまやそのような目的からすっかり離れ、「このケース面接のお題で何がわかるんだ?」という、不適切なケース面接もしばしば出題されます。これはコンサルタント側も急増したことで、あまりケース面接の背景や目的を考えずに、ケース面接を出すこと自体が目的化しているような事例があるのは残念なことです。

ケース面接の重要性ですが、実は全然できなくても受かる人は受かります。これは、コンサルタント側にもケース面接に対して訓練次第で何とでもなる、と思っている人も少なくないからです。ただし大半のコンサルタントはとにもかくにもケース面接を出してきますので、以下に重要なポイントを書いておこうと思います。

ケース面接対策失敗の典型パターンは、MECEのフレームワークでつまらないか、面白いが全くMECEでない時

まず第一に、つまらないMECEだけの回答が一番困ります。3つポイントを挙げて論理的に分析しているのですが、当たり前の常識を3つに分けて話しただけで、何の深まりもないケース面接の回答は聞いている方も辛いものです。

実際にコンサルのプロジェクトで解かなければならない課題を聞いてきていることも多いため、そこで論理的な構成にこだわって退屈な話を続けるより、ある程度の論理性を担保しつつも、目新しく面白い話を、それなりの論理的な理由をつけながら話さなければなりません。

くれぐれも、3Cや4Pといった陳腐なフレームワークを振りかざしたり、MECEだけにこだわった”...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム