33歳でのコンサル転職の是非と、海外オフィス勤務への必要条件とは?

33歳でのコンサル転職の是非と、海外オフィス勤務への必要条件とは?

戦略コンサルも投資銀行同様、アジアヘッドクォーターは香港・シンガポールに移り、東京オフィスは辺境化しているのでしょうか?日本語を母国語としながらも、アジアオフィスに直接応募して採用されるには、どうしたらいいのでしょうか?コンサルとしては高齢スタートとなる30前半でのコンサル転職の是非と、海外オフィス勤務の可能性に関するご質問にお答えいたします。

33歳でのコンサル転職の是非と、海外オフィス勤務への必要条件とは?

質問:MBA卒業後、33,34歳で外資コンサル、金融へ転職するのはトップMBAを卒業しても、年齢的に有利な選択ではないのでしょうか?

MBAを目指しています。日本に限らず、世界中でビジネスが出来るんだという自信、人脈、学歴を手に入れるためです。

その後のキャリアですが、外資コンサル、金融に大変興味があり、上記の質問をさせて頂きました。

また、アジア圏オフィスでの東京オフィスのポジショ二ングについて教えてください。

多くの業界が東京から香港、シンガポールに拠点を移している中で、外資コンサル、金融業界も大きな案件や、人員数、人材を東京以外のアジアに集中させているのか、教えて頂きたいです

日本人で、東京オフィス入社ではなく、アジアオフィスに直接、応募、採用された方はいるのでしょうか?

長々、申し訳ありませんが、私の周りでは誰も知りえない情報のため、是非ご教示頂きたく、宜しくお願い致します。

Strong Careerからの回答

端的に答えますと、東京から香港やシンガポールにアジアヘッドクォーター機能を移す多国籍企業が多い中で、コンサルはローカルな文化や言語が重要なので、東京のプレゼンスや独立性は比較的高いままです。

なお、日本人の海外オフィス採用はあまりなく、あっても昔から海外に暮らしていて英語がネイティブか、トップMBA取得後に、上手くビザ問題も解決して入れるケース、ないし海外の伴侶に恵まれそのまま配偶者ビサで永住というケース以外、あまりありません。
ただし日本企業の東南アジア進出をサポートすべく、東京オフィスからシンガポールオフィスに移ってクライアントは日本企業、というケースは結構存在します。

アジア圏...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける