プライベートエクイティ転職後、投資先バリューアップの「要所の見極め」とは?

プライベートエクイティ転職後、投資先バリューアップの「要所の見極め」とは?

コンサル出身で、日本を代表する某大手プライベートエクイティプロフェッショナルであるストロングキャリア講師より、バリューアップの現場ではどのような頭の使い方をしているのか、執筆していただきました。 コンサル時代のMECEや論理思考とは異なり、真の優先順位付け、要所の見極め、そして「未経験分野で成果を出す必要があるとき」に、自分に知見があることとない事を明確に切り分け、コミニュケーションを徹底する必要性について、某大手バイアウトファンド勤務者が解説します。(写真はPE転職徹底対策テキストより抜粋)

プライベートエクイティ転職後、投資先バリューアップの「要所の見極め」とは?

[講師よりメッセージ]

現在、大手バイアウトファンドで働いています。ストロングキャリアには創設当初より20年近く携わっております。以下では日常的に目にする、成果創出のために考えるべき論点を少しずつ書かせて頂きたいと思っております。プライベートエクイティの仕事は、基本的に地味な仕事ですし、華やかなネタは別の方に譲るとして、実務的にどの様に対応すべきか?という事までを含めた形で論じたいと考えています。

001. MECE化と優先順位付け

初めてプロフェッショナルファームに入社した場合、まずはその人がそれまでに築いてきた経験や自信が、(時として執拗なまでの)各種ご指導により、徹底的に破壊されます。

そして頭も心も”更地”になった後に、色々な基本スキルを叩き込まれます。必須科目としては各種思考方法、ExcelやPowerPointの限界までの使い方、インタビューメモの書き方等、色々とあります。

思考方法に関するスキルという事では、「MECE」「要素分解」が有名なところでしょうか。それらは、特にヌケモレを防ぐための、広げることおよび構造化、に資する思考だと考えます。

しかし、特にMECE...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける