30後半でのコンサル転職~一度落ちたコンサルファームに、再トライできるのか?

30後半でのコンサル転職~一度落ちたコンサルファームに、再トライできるのか?

30代後半でコンサルに転職したい方は結構いらっしゃいます。長年事業会社で働き、自分は意思決定者ではなく参謀役として意思決定者やリーダーをサポートする立ち位置が心地いい、また会社の生産性を高めるプロジェクトで成功体験を得て、幅広い業界や企業のより大きな戦略面で生産性改善に寄与したい、等々が典型的な30代後半コンサル志望動機ですが、既に落ちたことのあるファームにいまさら再度アプライ可能でしょうか?結論を言えば、30代後半でのコンサル転職を強くお勧めはしませんが、そのような実例はMBBでも存在します。

◆Question

40代以降でコンサルや外資金融に残っている人というのは少数のような気がします。私はコンサル希望なのですが、よほどの切れ味鋭い、こいつには絶対かなわない、というような人しか残れないものでしょうか。

私の場合、政策や経営戦略立案に関わってきたのですが、自分自身がプレイヤーとしてCEOになるより、アドバイザリーのプロになっていきたいと思い、コンサルティング会社に入りたいと思うようになりました。

コンサル経由で事業会社に行くというのがパターンのようですが、私の場合、その逆になります。以前、マッキンゼーやBCGなど、一部のコンサルと東大がエグゼクティブクラスのビジネススクールを設立しましたが、そういったアカデミックな活動への貢献なども非常に興味があります。

事業会社の一社員では、なかなかそういう機会に恵まれませんし、勤務形態としても、研究職などの専門職以外では難しいと思うので、それもコンサルティング会社に行きたいと思った理由のひとつです。

こういう志望理由では、うまくいかないよ、あるいは、こういう仕事で力を発揮していけば大丈夫、コンサル会社以外にこういう道もあるよ、などのアドバイスをいただけるとうれしいです。

また、実際のところ、書類審査で、有名大学、年齢といった、形式的なものでふるい落とされるほうが多いと聞きます。

さらに、一度落ちたことのある人は、書類審査で必ず落とされるとも聞きました(学卒のとき受験した人が、ビジネススクールを卒業するときに再度受験する場合など)このような、「なんだかんだいっても、結局は形式的区別が重要なので、あきらめなさい」という条件があれば、率直に言っていただきたいと思います。

私は30代後半なのですが、大学名と大学院名(MBA)といった点ではOKだと思いますが、年齢面で、すぐに切られるのではないかと不安です。

コンサルという立場ではないものの、戦略立案や改革に携わった(コンサルと一緒の場合もあり)経験をアピールしていく方法があれば、ご教授いただきたいと思います。

◆30後半の未経験コンサル転職も、前職キャリア次第では可能になってきている

30代後半の戦略コンサル志望は、例えば一時期業務急拡大の某大手が総合商社の人を沢山雇い入れて、彼らはコンサル的な動きを求められるのではなく別枠、みたいな”30代後半採用”も存在した。

しかしながら”純粋に戦略コンサルタントとして30代後半で転職する”のは、例が極めて少ないのみならず、仮に入れても、既に30後半で同年代がパートナーになっている中で、今更シニアアソシエイトで頑張るのはキャリア的に必ずしもお勧めできるものではない。

この前置きをしたうえでご質問に答えると、実際に一度落ちても何度か受験する人もいるが、落ちたのが学生時代なら社会人になって再度トライは考えられる。

しかし、社会...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける