投資銀行志望動機~経済のパイを大きくしながら、格差を縮小する金融のあり方とは?

投資銀行志望動機~経済のパイを大きくしながら、格差を縮小する金融のあり方とは?

金融機能で経済の新陳代謝を促進しながらも、経済成長に貢献しながら貧富の格差を是正できるのか、という問いに、Strong Career講師が回答します。

投資銀行志望動機~経済のパイを大きくしながら、格差を縮小する金融のあり方とは?

◆Question

私は金融に興味があり、あらゆる企業活動の基礎となる財務面を支え、さまざまなアプローチによって社会に貢献することに関心があります。 

例えばM&Aや事業再生によって企業の建て直しを図り、その企業の社員の方々の生活を救うことは大変意義のある貢献であると考えます。

しかし、 M&Aによる事業の効率化や企業の再編によってリストラされる人々や衰退する競合企業などは経済的に恵まれない立場に置かれ、弱者と強者の溝が深まり、経済格差が広がってしまうような気がしてしまいます。

(そのため志望する際や将来のキャリアを考える際に悩むことがあります。) 

私はこれまで発展途上国でのボランティア活動や一人旅で貧困や経済格差を目の当たりにしてきました。

そのために世界、あるいは国内での格差問題を是正し、多くの人々にチャンスを提供する手助けがしたいと考えています。 

そのためには広い分野で金融の知識が役に立つと考えており、例えば国内外の支援団体で財務を担当することも大変有意義なものだと思います。

しかし、 金融業界に身をおきながら国内の経済を活性化することにも興味があり、上記のような格差を拡大させてしまうことよりも格差問題に有効に取り組んでいけるの であればぜひどのような貢献の仕方があるのか教えていただければと思います。

よろしくお願いします。

◆Answer 金融は資源の再配分と経済の新賃代謝促進の役割を果たせるが、格差是正は福祉の仕事

貴方の様な立派なお考えの大学生の方に、私は心から拍手を送りたいと思います。

金融から国内経済の活性化に関心があり、また個人的体験から世界の恵まれない人々の経済格差是正や機会の提供に取り組みたいという想いは、実は毎年、当セミナーに寄せられる典型的な御質問の一つです。

以下ではその金融が格差を拡大するかという問いと、上記ビジョンの融合方法について書かせていただきます。

まず、金融の全てではないですが、一部は確かに格差を拡大します。格差の拡大を許容しつつ全体のパイを大きくして最低賃金層が受け取る実質所得を上げるのがよいのか、所得を分配して格差を縮め、全体のパイは小さくなっても結果の平等を...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける