講師Q&A「キャリア相談:金融と経済格差縮小に貢献したい」

講師Q&A「キャリア相談:金融と経済格差縮小に貢献したい」

金融に興味がある方から、果たして金融が格差を拡大するかという質問とお持ちのビジョンについて、質問を頂きました。

◆Question

私は金融に興味があり、あらゆる企業活動の基礎となる財務面を支え、さまざまなアプローチによって社会に貢献することに関心があります。 例えばM&Aや事業再生によって企業の建て直しを図り、その企業の社員の方々の生活を救うことは大変意義のある貢献であると考えます。

しかし、 M&Aによる事業の効率化や企業の再編によってリストラされる人々や衰退する競合企業などは経済的に恵まれない立場に置かれ、弱者と強者の溝が深まり、経済格差が広がってしまうような気がしてしまいます。(そのため志望する際や将来のキャリアを考える際に悩むことがあります。) 私はこれまで発展途上国でのボランティア活動や一人旅で貧困や経済格差を目の当たりにしてきました。そのために世界、あるいは国内での格差問題を是正し、多くの人々にチャンスを提供する手助けがしたいと考えています。 そのためには広い分野で金融の知識が役に立つと考えており、例えば国内外の支援団体で財務を担当することも大変有意義なものだと思います。

しかし、 金融業界に身をおきながら国内の経済を活性化することにも興味があり、上記のような格差を拡大させてしまうことよりも格差問題に有効に取り組んでいけるの であればぜひどのような貢献の仕方があるのか教えていただければと思います。よろしくお願いします。

◆Answer (外資セミナー講師より回答)

貴方の様な立派なお考えの大学生の方に、私は心から拍手を送りたいと思います。金融から国内経済の活性化に関心があり、また個人的体験から世界の恵まれない人々の経済格差是正や機会の提供に取り組みたいという想いは、実は毎年、当セミナーに寄せられる典型的な御質問の一つです。以下ではその金融が格差を拡大するかという問いと、上記ビジョンの融合方法について書かせていただきます。

まず、金融の全てではないですが、一部は確かに格差を拡大します。格差の拡大を許容しつつ全体のパイを大きくして最低賃金層が受け取る実質所得を上げるのがよいのか、所得を分配して格差を縮め、全体のパイは小さくなっても結果の平等を目指すのか、といった問いは、最終的には資本主義と社会主義といった社会の在り方に関する哲学に行きつきます。

過去の歴史を鑑みるに、既に行き詰ることが見えていて、税金で国民の負担の上で生き残っている産業はサステイナブルではありません。そこで働く人にとっては過酷ではあってもリストラした方が、今後伸びる分野にお金を回せて、潰れる分野に継続的に資金と人材を投入しなくて済むという意味で経済全体にとっては必要な金融の機能です。

ただし私は別に、競争に負けた人や企業を社会的に放置してよいとは言っていません。それは民間の金融が担うべき機能ではなく、福祉や社会保障で担うべき役割だと申し上げています。 金融で金持ちをさらに稼がせる仕事に就きつつ、プライベートでは貧者の為に働きたいというのは、欧米のお金もちが巨額の寄付を慈善事業に回すのと似通った自然な欲求かもしれません。

例えば多くの投資銀行やプライベートエクイティファンドの上級幹部は、NPOのアドバイザリーボードに名を連ねて運営やファンドレイジングを手伝ったりしています。また30そこそこで金融を引退し、そこで培ったノウハウとスキル、人脈で効率的な強いNPOを運営している人達もいます。彼は金融出身ではなくマイクロソフトの創業メンバーの一人でしたが、Room to Readを創ったジョンウッド等はその好例でしょう。その際、金融で働く間にファンドレイジングのノウハウや資金提供者に対する説明責任、事業計画の立て方や資金の透明性のあり方等を金融の世界で学び、将来的に非営利組織で活かすというのが一つの考えうるケースだと思います。

人生の序盤戦で経済格差を広げることに携わった分(必ずしもそれが悪い事だとは限りませんが)、そのノウハウを人生の中盤以降で社会の貧者の為に役立てるというのは、立派な人生の時間配分であるのみならず、健全なself-identity確立にも寄与することでしょう。(現在、NPOでの問題の一つに、ノウハウの無い素人集団が寄付金を無駄に浪費している、と指摘されることも多いので、貴方のプロフェッショナルとしての成熟は日本のNPOを発展させるステップストーンになるかもしれません。)

なお、昨今ではソーシャルファイナンスが脚光を浴びています。イギリスで活発になった概念ですが、貧困国でのマイクロファイナンスなど、金融で貧困対策に臨む分野も随分増えています。金融とは要するに、お金を預けたい人と、お金を必要とする人をつなぐ機能なわけですが、その間を結ぶユニークな商品設計や契約内容、ストラクチュアリング次第では、経済格差を縮めるような金融商品への、特定の投資家の需要を集めることができるのです。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69