投資銀行での働きがい:金融商品を作ることは社会貢献や企業の為になっているのか?

投資銀行での働きがい:金融商品を作ることは社会貢献や企業の為になっているのか?

外資投資銀行で働く意義、やりがいについての質問に回答しました。金融商品を創ることは、社会貢献や企業のためになっているのか、という質問に、外資系金融機関で長年働く講師陣が回答します。

投資銀行での働きがい:『金融商品を作ることは社会貢献や企業の為になっているのか』

◆Question (京都大学大学院 経営管理大学院 CKさんより質問)

私は、現在大学院でPFIという社会資本(電力会社や道路などのインフラ)整備に民間資本を活用する方法について学んでいます。 というのも、フランスへ留学したときの経験から、人や社会を動かす仕組みについて勉強したいと思ったからです。

現在では、社会の仕組みについてだけではなく、証券化や金融商品の組成についても興味を持っています。 

私は、金融商品を作ることが社会や企業のためにもなっているのではないか、という風に思っているのですが、実際に働いている方々がそういう気持ちを感じることはあるのでしょうか。 

人によってまったく違うと思うのですが、特に金融機関で働くことが与えてくれる喜びややりがいについて、お話を聞いてみたいと思っています。 

◆Answer (セミナー講師より回答)

金融の喜びと、金融商品が社会の役にたってるか、という御質問を頂きました。 

金融の喜びは、私の個人的なものですが、第一に余剰資源を成長分野・資源を必要としている分野に振り分けられるという金融のそもそもの機能を大変有意義で面白いと感じる点です。

第二に、幅広く産業・企業を知り、トップマネジメントと直接対話し、人脈を築ける点です。

また第三に、お金を簡単に儲けられるからという人もいれば、他にも金融商品を開発するのが面白いという人もいますので、貴方が仰る通り、一概に金融の喜びも語ることはできないと思われます。 

さて、金融商品が社会の役に立っているかという意味では、これもケースバイケ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける