コンサル転職・過去に出されたケース面接 事例

コンサル転職・過去に出されたケース面接 事例

コンサル転職にて、ケース面接で出題された問題をまとめました。

以下は過去/直近戦略コンサル/投資銀行各社より出題されましたケース面接事例です。外資系面接対策テキストには、外資セミナー参加者の皆様が寄せて下さる、各社直近の出題動向が随時アップデートされております。御参考頂けますよう、よろしくお願いいたします。
ボストンコンサルティンググループ 面接出題事例
「オリンピックのメダル数を上げるには?」「日本のノーベル賞受賞者の数を上げるには?」「スキー場の来場者を増やすには?」「地方都市を復興させるには?」「とある歯医者の売り上げを二倍にするには?」「オートバイの売り上げを上げるには?」「渋谷の町を大人の町にするには?」「ラクロスの競技人口を二倍にするには?」「京都の観光収入を上げるには」「日本の子供の学力は二十年前と比べてどうなっているか」
ブーズアンドカンパニー 面接出題事例
「セイコーが時計の売り上げを伸ばすには?」「NHK教育番組は必要かどうか?」「あなたの成功体験を三つあげてください。それをもってあなたの自己紹介とさせていただきます」
アクセンチュア 面接出題事例
「ユニクロに勝つ戦略を考えよ」「国内旅行者を増やすにはどうしたらよいか」「野球の球団を黒字にするには?」「地方の国立大学の生き残り戦略は?」「バナナの売り上げを二倍にするには?」
マッキンゼー 面接出題事例
「ゴルフクラブの売り上げを伸ばすには?」「日本の米をヨーロッパで売るには?」
モニターグループ 面接出題事例
「シャンプーの市場規模は?」
アーサーディーリトル 面接出題事例
「国立大学の民営化の是非」
ドリームインキュベーター 面接出題事例
「ボーダーフォンの売り上げを伸ばすにはどうしたらいいか?」 「サッカースタジアムへの入りを二倍に伸ばすにはどうしたらいいか?」 「晩婚化はいいか悪いか」 「18歳未満未成年に自動販売機でたばこを買わせないようにするには?」 「通勤ラッシュの緩和策は?」 「新幹線の中のコーヒーの売り上げは?それを二倍にするには?」
ATカーニー 面接出題事例
「日本での一年間の時計の売上は?」「文武両道の人間を一週間以内に100名集めるには?」「うちわの売上を伸ばすには?」「表と裏のコイン、表と表のコインからどちらかを選んだ際に、裏が出る確率は?」
ゴールドマンサックス 面接出題事例
「日本の電柱の数は?」「成功の定義は?」「仕事とは何か?」「権力を持つことの是非は?」「CEOになるならどこの会社がいい?」「国に投資するならどこ?」「日本のシャンプーの売り上げを二倍に」
ドイツ証券 面接出題事例
「イラク派兵の是非は?」「世界共通通貨は導入すべきか」
モルガンスタンレー 面接出題事例
「日本での一年間の時計の売上は?」「キリンビールの全社戦略」「アメフトのボールの数は?」「都市の緑を増やすには?」

シティグループ 面接出題事例「金融教育に100億の投資をしたい。小中高大、どう振り分ける?」「安川電機のROIC工場は経営にどんなインパクトがあるか?」「めがねの市場規模」

UBS 面接出題事例
「無借金経営は是か非か」「どちらのオフィスを選ぶか(資料あり)」
バークレイズ 面接出題事例
「大学生に宿題は必要か」
野村證券 面接出題事例
「今最も熱い投資先はどこか」「誰を総理大臣にしたら、日本の株は上がるか」
「都内の宅配ピザの市場規模を求め、売り上げを二倍にする方策を述べよ」に対する東京大学 教養学部出身 M・Sさん解答事例
<年間売り上げ>1.人口から考える 東京都の人口は800万人とする。全人口に占める割合は、60歳 以上(「高齢者」と便宜上呼ぶ)を25%、20歳(「学生」と便 宜上呼ぶ)以下を25%、20~60歳人口(「労働者」と便宜上呼 ぶ)を50%とする。 平均的な高齢者は年に平均2度かつ各回平均1.5枚、平均的な労 働者は年に平均4度各回平均2枚、平均的な学生は年に平均6度 各回平均2枚、宅配ピザを食べると仮定すると、平均的な東京 人は年に宅配ピザ7.75枚頼むことになる。 一枚当たりの平均単価を2000円とすると一人当たりの宅配ピザ の消費額は15500円となり、15500円×800万=1240億円となり 、これが市場規模となる。 2.面積から考える 日本の国土は40万平方キロメートルだが、東京の面積は47都道 府県の中でもかなり狭いほうなので平均値の4分の1、2千平 方キロメートルと仮定する。 宅配ピザの支店一店舗がカバーできる面積は、スクーターで5 分以内で移動できる距離を半径とした円となる。スクーターの 平均時速を30km/h(※目的地まで直線で常にいけないので、遅 めに設定した)とすると、半径は2.5kmとなるので、面積は5km ×5km×3.14≒20平方キロメートル。 全域をカバーするためには、1ブランド当たり100店舗必要と なる。一地域平均で3ブランドが存在すると考えると、東京都 に宅配ピザ店は約300店舗存在することとなる。 一店舗当たりスクーターは平均3台ほど設置されており、各ス クーターは、届け、支払いを済ませ、店に戻るという1サイク ルに15分かかるとする。 一台当たり昼のコアタイム12~13時に4サイクル、夜のコアタ イム18時~20時に8サイクル、その他の時間に各台2度出動して いるとすると、16回×3≒50回の出動を持っていると導ける。 1回当たりの平均支払額を5000円とすると、一店舗あたりの一 日の売り上げ平均は25万円、年間売り上げは≒9000万円となる 。300店舗が存在することから市場規模は2700億円となる。 <売り上げ拡大の方法> 【分析】4Cのフレームで分析する。・Customer(市場規模・動向) 市場規模(需要)はほとんど変化していないと考えられる。但 し、「健康志向」等の消費者の嗜好性を考えれば、若干の縮小 傾向にあるかもしれない。・Competitor(競合) 「家にいる時、もしくは家に帰宅途中に、料理を作るのが面倒 な時にどこで食べるか」という観点から競合を考えると、家路 に存在する全ての外食産業と、コンビニエンスストアやスーパ ーの簡単食材等が競合となってくる。特にコンビニや簡単食材 市場の影響は「同じく家の中での食事」という意味で、大きい と言える。また、出前寿司やラーメンの出前などの地元店舗も 競合と言える。 ・Company(自社)庶民が味わえる(比較的)「本格ピザ」は、外食チェーン店が 参入していない分野で独自性がある。一方で平均40分以上顧客 注文から納品まで時間がかかる点などは「ファストフード」「 コンビニエンスストア」に負ける要素になっている可能性があ る。・Channel(チャンネル)電話注文が主流。最近ではインターネット販売や、店舗での購 入も可能となっている。 【打ち手】売り上げは「顧客数」×「単価」で決まるが、第一に、顧客数 拡大戦略として、チャンネル拡大による顧客接点の増加を目指 す。即ち、家路に着く電車の中からでも逆算して注文できるよ うに、携帯メール及び携帯サイト注文サービスを開始する。これは、配達までにかかる時間を相対的に減少させる効果がある とともに、今までは「家にいなければ注文できなかった」とい う接触の悪さを解消するためのサービスである。 第二に、客単価の向上のため、「より本格的なブランドピザ」 の確立を目指す。競合他社を眺めると手軽に楽しめるおいしく ないピザ(サイゼリヤやドニといったイタリアンチェーン等) は溢れている。 そのため、それら外食チェーンとの差別化を明確化するために も、主力商品のピザを初めとして多少の高価格でも高品質なも のを目指すべきだと考えた。 
外資セミナー講師(米系戦略コンサル出身)からの添削/講評 サンプル
「今後10年間で、都内に通勤する人の通勤時間を半減させるには?」 そもそも無理があるケースである。1000万人が一時間とかかけ て通勤しているのだから、道路にしても鉄道にしても、どれだ け投資額が膨らむことであろう。(少なくとも限界効用より限 界コストのほうが大きいと思われる。) ただ10年といっているのだから大規模インフラ工事の選択肢も 残されているのであろうが、鉄道会社の資金調達可能性、道路 特定財源の先行きを考えるに、自信をもってインフラ整備路線 は無理といえる。 では職住近接に向けて住宅を都内に近づけるのか。これも当然無理である。 資金の出し手は個人であり、資金不足と原材料高騰、建設基準 法改定もあいまって、現在日本の住宅市場は在庫調整の真っ只中である。 さて、往々にしてケース面接では特に考えもなく無理な課題が 出ることもあるので、そのときは無理に議論に付き合わず、論 理的に無理であることを証明するのもひとつの道だ。 要するにロジックが通っていて、感じよく賢いことを示すのが 本質的に必要なことなのだから。ただこれに付き合うならば、これが実際のコンサルプロジェク トでなくあくまでケース面接であるため、とにかく”賢く考え られる“と示せればよいのだから、以下の様に展開するのもひとつだ。問題を、”10年で半減ということは毎年7%時間を短縮する、 ということでよろしいですね“などと置き換え、では、”通勤 手段は徒歩、車、電車ですが、大半が電車なので、電車通勤時 間を毎年7%削減する、でいいですか。間違っていたら軌道修 正しますので教えてください”などと分解してみる。そして“電車通勤にかかる時間を分解すると、家から駅までの 徒歩時間、待ち時間、電車の運行時間、駅から会社までの徒歩 時間なので、これをどう削減するか考えます。”などと更に分ける。ただこれもありきたりでいまいちか、と思えば、まったく違う 方向で、“そもそも遠くから都内に来る人を、都内に越させず 在宅ワークのインフラを整える方向”で攻めるのもありかもし れない。(これだと平均通勤時間はドラスティックに減る)また逆に“通勤時間が長いことの本質的問題を解決するのがよ り高次元の課題なので、通勤時間を減らすことに会社側がイン センティブを持つような税制にするとか、通勤時間中も仕事が できるようなインフラを整備するとか、、、”みたいに、進んで“出されたお題に直接的に応えなくても、よ り本質的なクライアントのニーズを探る”路線で議論をしてもよい。
東京大学医学部出身 Kさん解答への講評サンプル
“旧国立大学を民営化すべき か否か”失格。フレーム感が無く、長い。いきなりメリット4つをあげているが、議論の順番が間違って いる。民営化すべきか以前に現状の問題点分析、そのソリューション として民営化のうち、どの要素がどの問題点にアドレスできる のかが最初に抜けている。  そもそも現状国立大学であることによってどのような問題が生 じているのか、という問題点分析が無く、議論にいきなり感がある。ただし“そもそも大学はこうあれば競争力が増す”という一般 的要素として冒頭に“大学は人事、会計制度に関する諸制度か らの制約を受けずに、自由裁量を持って、管理、運営できるよ うにすることとします。このとき、私は国立大学は民営化すべ きであると考えます。”と議論しているのは○。(なぜこの要素が良い大学運営の必要十分条件なのか、つっこまれても答えられる理由が必要だが。。)当然のことながら、メリットの議論だけでデメリットの議論が 無いのも欠点。
東京大学院 農学生命科学研究科出身 Nさん解答への講評サンプル
“日本 はニートの増加を抑制すべき?”没ではあるが、ストレート没ではない。一応面白かったので、 今回は手抜きをしただけでもっと引き出しを開けてみたくなる 回答事例である。(多少論理構造の順番に問題があっても、一 応知的に目新しいものを見せてるため。これがコンサルケース 面接のポイント。)なお判断基準を政府の財政に求めるなら、「なぜそこに求めた のか」という基準の妥当性が重要。またこの手の曖昧な概念を含む問題は、言葉の定義、分析が不可欠。これは、ニートのセグメント次第で対応が変わるため。(最近なんでもかんでも言葉の定義から始めるコンサルテクニックマニアがいるが、ケースの性質次第で無意味になるので、お忘れなく。)あとは抑制する主体が日本政府なのかどうか、政府がしていいのかどうかも議論の対象となろう。なお政府が主体とするならば「現在の日本の政策上の問題点は何で、それがニートの抑制によってどう解決され、その効用が副作用よりも大きいこと」を尤もな基準で論じる必要があるが、この最重要部分が無視されていた。(前述したが、なぜその基準を採用したのかを説得的に説明することもコンサルにとって重要)回答者諸氏は残念ながら「ニートの定義」「どんなニートが問題で、どんなニートは別に放っておいていいのか」という分析することなく、曖昧な概念に曖昧な議論を続けている。 (ニートの本質的な問題は何か、という議論が不十分)また抑制というアクションもあいまいなので、“抑制と一概には言えませんが、(国家による抑制は人権上の問題にも繋がりかねない)政府にできるソリューションとしては○○だと思います、みたいな言い方で”不適切な質問“を”より適切な質問に変換してあげることも付加価値の一つである。
慶應義塾大学大学院 理工学研究科出身 Iさん解答への講評
“眼鏡の 市場規模を求めなさい。そして、それを2倍にする方法を考え てください”――― 適当な経験則が多いが、論理的な構造は○“市場規模 = 一つ当たり値段 × 総人口 × 使用割合  ÷ 買い替え期間 (1)”で、買い替え期間で割っているの がポイント。  ただし”一人当たり眼鏡保有数“が抜けているので、その後の 議論にこの重要な方向性が欠如することになる。“値段の上昇・使用人数の増加・買い替え期間の短縮化”や、 「度の変更」、「劣化」、「デザインに飽きた」のように、一 般的なルールの議論をしているポイントはコンサル的に好まれる。そして買い替える要因について分析し、効き目のありそうな方 向性を適切に導いている。 (何か打ち手を言う前に、必ず原因の分析が必要)ただし論理構造は正しくても当たり前の話で終わってしまい、 クライアント(ケース面接官)にとっての付加価値はない。( 眼鏡屋さんは、どのポイントについて深く掘り下げて議論して ほしいだろうか?)最後の式は、残念ながら無意味。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69