コンサル・金融入社後の10年後のビジョン~ビジョンが不明瞭でも悩むことなかれ!

コンサル・金融入社後の10年後のビジョン~ビジョンが不明瞭でも悩むことなかれ!

長期ビジョンがないことに悩まれる方は多いものです。どのように進路決めたら良いのか、アドバイスとしてひとつのケースを紹介します。

将来ビジョンが明確に分からなくても、気を楽に、突き進んで良し

「就職/転職をしたいが5年後、10年後の自分が必ずしもピクチャーできないし、面接でしろ、といわれても困る。」
こんなふうに素朴に感じる人は、多いのではないだろうか。そんな諸君に、「それでも十分に調査し、頭が禿げるくらい悩みこんだあとなら、それでも突き進んでよい」と思ってもらえるように、以下に一つのケースを紹介したい。

国際弁護士として、外交の舞台を目指した青年A

青年Aは小学校時代の作文でこう書いていた:「将来は大統領になって親を楽させたい。」手前みそな内容だが、言うことがかわいらしいので、学校新聞に載ったという光栄な作文だったそうだ。
 
そんな彼が中学、高校と成人に近づくにつれ外交官をめざしたい、と思うようになった。それでも霞が関の官僚というものに抵抗を感じた青年Aは、アメリカで多くの政治家、大統領がロースクール出身であることを知り「自分も米国のロースクールを出て、立派な国際弁護士として実力をみにつけたうえで、外交の舞台に上がりたい」と壮大な夢を描くようになる。この時の青年はまだ15歳だったという。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム