外資就活の基本:やりたい仕事と最初に選ぶ仕事の「ベクトルのズレ」に注意!

外資就活の基本:やりたい仕事と最初に選ぶ仕事の「ベクトルのズレ」に注意!

将来やりたい仕事と、一番最初に「足をつっこむ」仕事のズレがあった場合、取り返しのつかなくなることが多いモノ。総じてエリート学生ほど一般的に、就活の時は”成長できる環境”をぼんやりと求めがちです。しかしながら、目指す方向性と違う方向への”成長”を選び、”筋トレして筋肉は大きくなったが、自分が選んだ分野の戦いに全く役に立たなかった”という人も非常に多いのです。それでは、どのようにキャリアを選択すべきか、Strong Careerの講師でもある大手法律事務所経験者が経験を語ります。

外資就活の基本:やりたい仕事と最初に選ぶ仕事の「ベクトルのズレ」に注意!

私は現在、ニューヨークに位置する某大手法律事務所で渉外弁護士として活動し、週末や来日時を利用して日本在住時代から参画していたストロングキャリアのボランティア講師を務めている。

最近よく米国のロースクールに在学中の生徒たちと面接をし、さらには自分の人生を振り返っても、ふと考える所があったので、ここでストロングキャリアを通じ、就活に励もうという皆さんと、それについてシェアしてみようと思う。

内容はずばり、就職マーケットにおける「自分の流動性」について、である。

将来やりたい仕事と、一番最初に「足をつっこむ」仕事のズレ

え、弁護士っていう資格まであるのに、立派でステータスもあり、さらには資格という壁に守られた産業なのではないですか?なぜよりによって、弁護士が流動性など気にするのですか?」という声が皆さんから聞こえてきそうである。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける