グループディスカッション大成功の3大パターンと、留意したい5大要素

グループディスカッション大成功の3大パターンと、留意したい5大要素

投資銀行、コンサルの選考で重要なのが、グループディスカッション。グループディスカッションは面接官からどのように見られているのか、またどのように立ち振る舞うのが良いのか、という東大工学部の学生さんからの質問に答えます。要するに①他人の知を引き出し ②全体の雰囲気を協調的に盛り上げ ③意見を押し通し野ではなく、全体の視点とインプットをまとめた集合知を効果的に産み出せることを示すことが重要になります。

東京大学工学部 Tさんより質問

グループディスカッションでのたち振る舞いについてお伺いします。

結局自分の意見を突き通す人が通っているイメージがありますが、本当にそれでいいんでしょうか?

どんな人でも意見に矛盾点が少しは見受けられ、それを無理やり押し通す人もグループディスカッションで見受けられるような気がします。

また、志望動機についてお伺いします。一応各社ごとに志望動機を変えているのですが、一回、最終面接で志望動機の部分で落とされた気がするので、志望動機を言う上で注意すべきことを教えていただきたいです。

グループの雰囲気と生産性を高められる人材かどうか?

まず端的に応えましょう。ズバリ、”結局自分の意見を突き通す人間”は、ダメです。

個別面接でなくグループディスカッションだからこそ見れるのは、協調性やチームでどう振舞うかです。

そのグループの雰囲気を良くして生産性を高める人かどうかが大切です。(ま、中にはなーにも考えてない面接官もいるのですが)

仮にあなたが自分勝手で我が強く、相手を委縮させるタイプなら、これを機に生き方を変えないと、学生時代はまだしも、社会ではつまはじきにされ、活躍の場がどんどん失われてしまいます。

逆にそういう性格が治らない確信がある方は、下手にグループディスカッションや面接で...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング

適正診断・コーチングを受ける