理系からのマッキンゼー志望~原体験を具体的に語ってこそ真意が伝わる!

理系からのマッキンゼー志望~原体験を具体的に語ってこそ真意が伝わる!

理系学生さんの、マッキンゼー志望事例と講評を解説します。どこまで具体的に話してようやく相手に伝わるのか、この実例を交えて共に考えましょう。

なぜこの会社を志望していますか?

候補者回答

私は理系なので、今までは研究者になるつもりでした。しかし、研究というのは目に見える成果が出るのがとても遅いし、世界が狭いことに気付きました。

人と接する事が好きな事もあり、人と接する仕事で自分の成果が目に見えるような業種に就きたいと思い、経営者の悩みを解決するコンサルティング業界に興味を持ちました。

御社はコンサルティング業界で、顧客の満足度一位の会社であり、また様々なバックグラウンドを持った人達が集まっているので、そのような環境で仕事がしたいと思い、また自分の成長にもつながると思ったので、御社を志望しました。

その会社に活かせる、あなたの強みは何ですか?具体的にお答え下さい

候補者回答

私は大学4年間バドミントン部に所属していました。

そのおかげで、辛い練習も耐えてきた根性と強い精神力があります。コンサルティングはとても忙しい仕事ですが、私は最後までやり遂げることが出来る強さを持っています。

また、一つの目標に向かってチームをまとめ、一丸となって結果を出してきたので、仕事でもチームをまとめ、最良の結果を出すことが出来ます。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける