アクセンチュア内定者の、良質な「志望動機・強み・最後の質問」3ポイント

アクセンチュア内定者の、良質な「志望動機・強み・最後の質問」3ポイント

アクセンチュアなど外資系コンサルティングファーム志望の方々が、自分の得意分野とコンサルの本質的共通ポイントを意識して志望動機や強みアピールすることの重要性を解説します。

氏名(KY)
大学 (東京大学大学院工学系研究科)
志望業界 (コンサル)
志望会社 及び部門(アクセンチュア)

あなたの志望動機は何ですか?(業界及び第一志望の会社に対して)

候補者回答

私は大学、大学院において建築を勉強してきており、はじめのうちは建物の外観、デザインにとらわれることが多かったものの、次第に、建物が本当にニーズを満たした計画になっているのか、そして建物においてどのようなサービスを提供できるのかといった点に興味が移っていった。

このことはよく考えてみるとどのようなものについてもあてはまると考えられる。

どんなによい技術を持っている会社があっても、販売戦略、サービス方法を間違えば宝の持ち腐れとなってしまう。

よい資源を持っている企業がその力を最大限に引き出すことができるような戦略を考えることで、様々な企...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング