ボストンコンサルティング 志望動機事例~「広い好奇心吸収力」が重要なワケ

ボストンコンサルティング 志望動機事例~「広い好奇心吸収力」が重要なワケ

ボストンコンサルティンググループ志望者の京大生の志望動機を紹介・解説します。

氏名(MM)
大学 (大学院)京都大学 及び 学部 工学部
志望業界 (コンサルティング)
志望会社 及び部門(ボストンコンサルティング)

あなたの志望動機は何ですか?(業界及び第一志望の会社に対して)

候補者回答

まず始めに、コンサルティング業界の志望理由として二つ挙げます。

第一に、父親が中小企業を経営している影響で、物心ついた頃から「経営」「ビジネス」に非常に興味を持つようになり、企業が抱える「経営課題」を解決していくコンサルティング業界に興味を持ちました。

第二に、私は大学で「経済学」と「工学」とを勉強していますが、どちらか一方の道ではなく、これら両方の分野に関わっていくことができるのではないかと考えたのが一つの理由です。

次に貴社を志望する理由は、貴社の”多様性からの連帯”という理念に強く惹かれるからである。

私は多様な視点を得るために専門領域を複数持ち、また友人と異なる専門領域を...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける