コンサル面接対策事例~志望動機・コンサルへ活かせる強みの完全失敗パターンとは?

コンサル面接対策事例~志望動機・コンサルへ活かせる強みの完全失敗パターンとは?

MBBに入社しても十分活躍できる基本的能力の高さを有しながら、面接準備が浅すぎて、面接での回答内容が凡庸すぎる候補者は、面接官の悩みの種です。それは、面接対策を十分にしてきたが、そもそも能力がコンサル向きでない人に比べ、入社後結局活躍するのは前者だからです。以下にマッキンゼー、BCG、ベイン外資系コンサルティングファームで十分通用する能力と、MBB好みする経験を有していながら、面接でのアピールで3大凡庸志望動機を語ってしまっているケースを紹介いたします。同じ轍を踏まないよう、ご参考ください。

コンサル面接対策事例~志望動機・コンサルへ活かせる強みの完全失敗パターンとは?

氏名( KH )
大学 (大学院) 及び 学部( 東京大学大学院工学系研究科 )
志望業界 ( コンサルタント業界 )
志望会社 及び部門(まだ決まっていません)

あなたの志望動機は何ですか?(業界及び第一志望の会社に対して)

候補者回答

コンサルタント業界を志望する理由は二つあります。

一つ目は、難題に対して論理的に考え抜く事が好きでありやりがいを感じるため、二つ目は、世の中に目に見えてインパクトを残せる事にやりがいや達成感を感じるためです。

コンサルタント業界は、自分が好きであり得意でもある、徹底的に考えるという事が、世の中で必要とされ付加価値を与えられる業界であり、そこにやりがいを感じられると思っています。

この点については研究者という道も考えましたが、結果が世の中に目に見えてすぐに表れないことがやりがいをそぐのではないかという疑問があります。

よって、自分がやりがいを見出せる条件を最も満たすのはコンサルタン...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける