コンサルファームの看板にぶら下がる二流と看板を背負う一流の違い~会社評価とは?

コンサルファームの看板にぶら下がる二流と看板を背負う一流の違い~会社評価とは?

転職にあたりどのレベルのファームなら他社でも評価されるのかという質問にお答えします。

一橋大学法学部 Iさんより質問

外資コンサルのOBの方に、コンサルの就活は実際10社受けて一社でも受かれば儲け物という世界で、転職も頻繁なのでまずは業界に入ることが大事だ、といわれたことがあります。

この意見自体にはコンサル就活の難しさを知った自分も納得できるのですが、実際問題コンサルファームといってもピンからキリまであります。

学歴と同じでいくら個人の実力で評価されるといっても他のファームに転職するに当たり評価されるファームというのはある程度決まっているのではないでしょうか?

転職にあたりどのレベルのファームなら他社でも評価されるのか(できれば具体的に社名まで)を教えていただきたいです

講師からの返答

転職に当たり、どのレベルのファームなら他社でも評価されるのか、具体的に社名まで教えてほしいというご相談を頂きました。結論を言えば、どの業界への転職なのかによって変わってきます。

またそもそも、MBBに入って全く活躍せず1年で退職に追いやられるのと、それこそBIG4やセカンドティアで大活躍して案件を豊富にこなして2段階昇進するのとでは、自分自身が得られるものも、転職の機会の幅も大きく変わってきます。以下で各論を論じましょう。

転職に有利なファーム名ですが、勿論MBBがトップティアとして転職市場でも評価されますが、これは誰でも知っているのでそう答えても仕方ないことでしょう。もちろん、ATKだってベルガーだってADLだって、ここにいた人は一定程度の基礎能力はあると認識されます。

しかしここで重要な変化は、もはやMBBということがクオリティコントロールや希少性の役割を果たさなくなってきていることです。これだけ人員拡大すると、人材の質が落ちていることはMBBとくにBの大きい方の社員がよく嘆いています。(ベインはあまり増えてないので、BCGの話なのは丸出しですが)

またコンサルのプロジェクトも、以前のように戦略をつくるのではなく常駐でエクセキューションタイプが増えているので、戦略ファーム出身者なのに、戦略つくったことがない人も増えているのです。

当然、いわゆるトップティアファームでなくても、そこで活躍されていて、ビジネスパーソンとして尊敬できる方であれば、MBBを実質クビになったコンサルより認められることも大いにあります。

デロイトをはじめとするBIG4でも優秀な人は優秀ですし、その優秀さは”誠実に仕事に打ち込み、クライアントに本質的に貢献し、喜んでもらうことを我が喜びとする”という思考パターンの人は、どの業界にいっても活躍してくれるものなのです。

また、評価されるファームは、コンサル後に転職する業界によっても変わってきます。たとえば外資系プライベートエクイティの業界では、ブランドが重視されるので、マッキンゼー出身者が一番多いです。

そんな彼らの中では古巣でのネットワークも強く、10年前にロンドンオフィスで一緒に働いていた、、とか、その後ハーバードMBAで同じクラスだった、、等の長期的人間関係のネットワークが強いように思われます。

他にもボストンコンサルティンググループやベイン等もトップティアとしてグローバルに認識されているファームであり、PE業界への転職組の中にもこれらコンサルファーム出身者が非常に多いです。

ですが、これがスタートアップへの転職になると、ブランドがあっても役に立たない人はすぐ出て行ってもらうことになります。

ブランドより仕事をやってくれるかどうかが重要な小規模組織では、そもそも自分の強みがその転職先で活かされるのかどうか、やりたいことや重視している価値観でフィットの高い企業なのかどうかの方が、どのレベルのファームを出たかより、転職可能性とその後の成功に大きく影響します。

なお、貴方は”他のトップティアのコンサルファームに転職するときに評価されるコンサルファーム”という質問をされているかと思います。その際は別に前職のファーム名だけが見られるわけではありません。

すでにコンサルという仕事をされてこられただけに、そもそも向いているのかどうか、顧客を引っ張ってこれるのか、プロジェクトを回せるのか、周囲と上手くチームワーク出来るのか、それらの”コンサルとのフィット”がより具体的に分かっているはずです。

具体的に言えば、デロイトやPWCなどでファストトラックで二段階昇進してボーナスも一番もらっています、という人は当然MBBへの転職も有利になるでしょう。

下位ファームから上位戦略ファームへの転職という意味では、たとえばBIG4からデロイトが有利、、、みたいなのは特にないので、具体的なファーム名というより、”そもそも前職でトップパフォーマーで、コンサルとしての適性が証明されたかどうか”がより問われることとなるでしょう。

コンサルファームの名前だけでは、転職後・独立後に食べていけない!

なおコンサルタントの中には、コンサルファームの看板で食べているだけの人と、そのコンサルファームの看板をより輝かせ、看板を支える優秀な真のコンサルタントの二種類がいます。

よく、会社のブランドが欲しいだけでとにかく入社することが目標になっており、その後はまったく活躍できず社内でも干され気味だったのに、早期に退職に追いやられた後で「元MBB」などと威張っている人を見るのは、肌寒いものを感じるものです。

くれぐれも、「レジュメに書きたいから」という志低い理由でフィットも低いのに入ってしまうと、そのブランドにぶら下がって生きる、志の低いプロフェッショナル生活になってしまうと自戒しましょう。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69