下位コンサルから上位コンサル(MBB)に転職する時、最低限入るべき会社はどこ?

下位コンサルから上位コンサル(MBB)に転職する時、最低限入るべき会社はどこ?

転職にあたりどのレベルのファームなら他社でも評価されるのかという質問をいただきました。しかしこの問いは安直な問いであり、安直に答えることはできません。そもそも他社で評価されることを目標にしていいのか、もっと自分で主体的にやりたいことを考えたらどうかという問題もありますが、ファームのブランド名より何をやって何を学び、出来るようになったのか、そしてどのような人脈を手に入れたのかが、マッキンゼーですぐクビになるよりよっぽど将来価値が高いのです。

一橋大学法学部 Iさんより質問

外資コンサルのOBの方に、コンサルの就活は実際10社受けて一社でも受かれば儲け物という世界で、転職も頻繁なのでまずは業界に入ることが大事だ、といわれたことがあります。

この意見自体にはコンサル就活の難しさを知った自分も納得できるのですが、実際問題コンサルファームといってもピンからキリまであります。

学歴と同じでいくら個人の実力で評価されるといっても他のファームに転職するに当たり評価されるファームというのはある程度決まっているのではないでしょうか?

転職にあたりどのレベルのファームなら他社でも評価されるのか(できれば具体的に社名まで)を教えていただきたいです

講師からの返答

転職に当たり、どのレベルのファームなら他社でも評価されるのか、具体的に社名まで教えてほしいというご相談を頂きました。結論を言えばまず第一に、どの業界への転職なのかによって変わってきます。

第二に、そのファームでどれだけ活躍したか、どれだけ学んだかの方が大切です。

仮にMBBに入って全く活躍せず1年で退職に追いやられるのと、それこそBIG4やセカンドティアで大活躍して案件を豊富にこなして2段階昇進するのとでは、自分自身が得られるものも、転職の機会の幅も大きく変わってきます。以下で各論を論じましょう。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける