トップクラスの人材はもう、コンサル・外銀・PEを目指さない3大理由

トップクラスの人材はもう、コンサル・外銀・PEを目指さない3大理由

東大・京大生の中でコンサル人気が沸騰していますが、これはそもそもコンサル志望者が集まる就活メディアの集計であるバイアスがあることに加え、コンサルの採用人数が増え、安定志向のコンサバ人材のボリュームゾーンがコンサル業界を目指すようになったことも影響しています。同じく外資金融、プライベートエクイティも昔のような”これから日本で始まる”業界ではなく、秀才のエスタブリッシュメント産業化しています。

学生就活人気ランキング上位の企業は、大抵ピークアウトしている?

東大京大生を対象にした人気就職先ランキングで、MBB(マッキンゼー、ボストンコンサルティンググループ、ベインアンドカンパニー)が上位三位を占め、その後も野村総研、アクセンチュア、ATカーニーが4-6位と続いている。続いてゴールドマンサックス、モルガンスタンレーや三菱商事も入っているが、その後もデロイトや経営共創基盤、アーサーディーリトルなどが続いている。

このコンサル人気の沸騰は、実は既に業界の魅力度としてピークを過ぎたことを物語っている。言い換えれば、もうトップティアのリスクテイカーが入る業界ではなくなっているということだ。(別にスタートアップに優秀な人が流れる、といっているわけではないが実際、今やベンチャーキャピタルが学生ベンチャーに投資する資金も多くなり、卒業後いきなり数億シリーズAで集める、みたいな話も増えている。)

一時都銀が就活人気ランキングの頂点を極めたとき、既にコンサバでエスタブリッシュメント志向の人しか寄り付かなくなっており、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける