PE(プライベートエクイティ)給料・ボーナス・年収の4大ファクターとは?

PE(プライベートエクイティ)給料・ボーナス・年収の4大ファクターとは?

プライベートエクイティファンドでの報酬は、4つに分かれているとご存じでしょうか。最初はベースサラリーとボーナス少々ですが、ディレクタークラスになると(ファームによってはアソシエイトも対象に)、(上手く行けば)金銭的破壊力満点のキャリーが得られます。これに加え、パートナー(共同経営者)になれば、GPカンパニーからの配当も得られます。大切なのは、PE業界ではベースサラリーやボーナスで稼ぐのではなく、キャリーで稼げるPEファームに入ることです。

PE(プライベートエクイティ)給料・ボーナス・年収の大ファクターとは?

プライベートエクイティは高給で知られますが、その報酬体系はあまりよく知られていません。そこで今回は、プライベートエクイティファンドの年収・給料の仕組みについて解説したいと思います。

ベースサラリー

ベースサラリー、つまり毎月の月給ですが、これは実はそう高くありません。20代アソシエイトだと1000-3000万円、30代、40代でディレクター、パートナーになっても5000万―1億円といった水準です。これは、そもそも所得税だと税金が高いので、所得税対象になる部分は低く抑えることが多いのです。

ボーナス

プライベートエクイティのビジネスモデルからして、毎年の収入はかなり見えているので、投資先の起業が高値で売れた、とかが無い限り、大きな変動はありません。総じて年収の15-40%がボーナスとして支給されます。ただ、ファンドレイズ(資金調達)に著しい貢献があったり、投資案件発掘や売却に大きな貢献が認められたときは、上乗せされることもあります。(ファームによって方針は異なります。)

キャリー

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける