トップMBA留学の是非~外資コンサル・外資金融におけるMBA留学事情

トップMBA留学の是非~外資コンサル・外資金融におけるMBA留学事情

20代後半で今後のキャリアを考えた時に、海外MBA留学をすべきかどうか、迷っておられませんか?トップスクールへの留学は、目的によっては素晴らしい投資に、しかし下手すれば不要な2000万と2年間(ないし1年間)の苦痛になってしまいます。近年では起業家コースも充実してきており、ビジネススクールも変わってきています。

トップMBA留学の是非~外資コンサル・外資金融におけるMBA留学事情

経営陣の大半が、欧米著名MBAホルダー

MBA留学に行くべきか?このような意識を持つ人は多い。目的とタイプによりけりだが、グローバルな友人ベースのネットワークを世界中に作りたい人には、是非お勧めしたい。そして実際、グローバルビジネスをする上で、そこでの人脈は大きくものを言う。

実際のところ、外資コンサル・金融のマネジメント層は大半がMBAホルダーである。そして米国ならハーバード、スタンフォード、シカゴ、コロンビア、ウォートンが主流で、ヨーロッパなら断然インシアード、そしてLBSだ。

別に国内ネットワークでやってこれた一昔前ならまだしも、いまやコンサルも海外進出支援系のプロジェクトが非常に多い。またプライベートエクイティにしても、国内市場が縮小する中、ポートフォリオ企業の海外進出支援がますます増えている。

また外資系で働くのならばニューヨークやロンドンの本社から信任を勝ち取る必要があるが、当然さまざまな国のプロフェッショナルと自然に共同作業し、コミニュケーションすることに慣れている必要がある。そしてこれらの機会を、トップMBAプログラムの留学経験が提供してくれるだろう。

ちなみにGMAT受験者は皆さんの予想に反して年々低下してきている。これは、”中途半端なMBAに行っても意味がなかった”という背景と、別にMBA行かなくても様々なビジネスが出来るご時世だというのと、MBA行ってコンサルティングファームや外資金融に行くというモデルから、とっとと起業するというタイプの人が増えてきたからでもある。

これに対しビジネススクール側も、起業家専門のコースを創るなど、様相は様変わりしてきている。

グローバル・ネットワークを築く上で、MBAの役割は非常に大きい

目的次第でMBA行くべきかどうか、どこのスクールに行くべきかどうかが変わってくるが、グローバルなネットワークが必要な仕事をするならなおさら重要になってくる。

たとえば私の場合は入ってすぐ、モーリシャス出身の某英国銀行のITプロフェッショナル、南米から来たBHPビリトンの採掘担当者、インドから来たソーシャルアントレプレナー、ルーマニアの何をやってるかよくわからなかったがとにもかくにも美人、、、といった幅広い面々と友人関係を構築することが出来たものである。

これは、これまで外資系企業で多くの国々の同僚と働いてきた人でも、まったく違うレベルの友人ベースの、退職しても繋がり続けるありがたい人間関係を提供してくれるだろう。

逆に、国内サービス産業でOK!私は国内でやっていきます!!と固く誓っていてかつそれで生きていける人は、特に行かなくてもよい。実際ゴールドマンやモルガンスタンレーでも生え抜きで、国内大学出身で留学などせずして、国内地銀相手の債権セールスなどで、立派にマネジングディレクターまで上り詰めた人もいる。その後のキャリアとご自身の特性次第では、行っても仕方ない、2000万の費用に見合う経験だったかおぼつかない、という人も一部いるのは確かである。

中途半端な国内系”MBA”のアカデミック・クレデンシャルとしての価値はゼロ

さて、ちなみにもしもあなたがMBAに行こうとしているなら、かつ外資コンサル・金融の業界でのキャリアアップにつなげようとするのなら、所謂トップ20スクールと世界的に認識されているところでないと、むしろ行かない方がいい。

特にあらゆるサイトでCMばかりしまくっている某スクールは、そんなとこに行ってしまったというだけで、レジュメ上のちょっとした笑いものになったりもする。
まさに、”あっちゃー”といった感じである。

もちろん、お友達を作る、という目的ならそれは果たせるだろう。しかし、あくまでグローバルキャリアでのクレデンシャルという意味では、日本の某自称アジアナンバーワンビジネススクールなどは、時間と授業料の無駄であると、声を大にしてお伝えしたい。なお、海外でもサードティアとかの、いわゆる”アドミッションプロセスが実はマーケティングで、受けた人のほぼ100%が入れる”というMBAに入ってしまうと、これまた全くアカデミック・クレデンシャルにならないと付け加えておこう。

こういうスクールはいかにもあなたが素晴らしい候補者でインタビューにすすみたい、みたいな話を持ち掛けてくるが、単なるマンツーマンのマーケティングであることに注意したい。

MBAはどうせ行くならできるだけ早く行くべし

なお、どうせ留学するなら、25とか26でとっとと行ってしまうことをお勧めする。
私は少し遅れて行ったが、やはり20半ばの若者に比べ、サラリーというオポテュニティコストも数倍違うし、年下より経験をつんだ年上からの方が、仕事の人脈的には得るものが多いからだ。

かつ米系の学校は20代半ばがボリュームゾーンになっており、30になってくるとアプライ自体が不利になってくる。

最後に留学準備について書くが、GMATは自力で勉強すること。あれは独学でオフィシャルテキストを繰り返すに限る。あとスコアも680とったらもういい。むしろ660とかでも大丈夫なくらいだ。中には640でトップスクールに受かった人も何度も見ている(当然、清華大学のコンピューターサイエンスのドクターもってます、とか、ほかの部分が素晴らしければ、だが。。)

なんといってもエッセイ、そして意外なことに推薦状が重要なので、せっせとアドミッションコミッティー好みのする作文に取り掛かった方がいい。推薦状はちなみにトップ校は2通要求するところが複数あるので、どれほど上司のことが憎くても、二人だけは仲の良い人脈を築いておこう。

皆さんのご健闘をお祈りしたい。

*会員登録されますと、会員限定コラムへのアクセスや、志望業界で働くストロングキャリア運営チームへの無料キャリア相談、プライベートエクイティ、コンサル、外資系投資銀行の優良案件のご紹介、会員限定ウェビナーなど多彩な特典を受けることが可能です。

お知らせ・おすすめ記事

プライベートエクイティ面接対策100本
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!

プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?

プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職

もっと読む































閉じる
戦略コンサル転職対策100本
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
テキスト購入者様からの評価
テキスト購入者様からの評価
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?

コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??

MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?

もっと読む






























閉じる
外資系投資銀行面接対策100本
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?

企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!

外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?

もっと読む
















閉じる
新卒ハイレベル就活
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?

エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信

経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
チームメンバー紹介:野間円
チームメンバー紹介:野間円

もっと読む











































閉じる
プロフェッショナルスキル研修・財務モデル編
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)

財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!

企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?

もっと読む



閉じる
総合アクセスランキング