将来は海外トップMBA取りたい!!外資コンサル・外資金融におけるMBA留学事情

将来は海外トップMBA取りたい!!外資コンサル・外資金融におけるMBA留学事情

外資コンサル・金融を経た後のMBA留学で意識すべき点は、どのような点でしょうか?トップスクールへの留学は、目的によっては素晴らしい投資に、しかし下手すれば不要な2000万と2年間(ないし1年間)の苦痛になってしまいます。近年では起業家コースも充実してきており、ビジネススクールも変わってきています。

経営陣の大半が、欧米著名MBAホルダー

MBA留学に行くべきか?このような意識を持つ人は多い。目的とタイプによりけりだが、グローバルな友人ベースのネットワークを世界中に作りたい人には、是非お勧めしたい。そして実際、グローバルビジネスをする上で、そこでの人脈は大きくものを言う。

実際のところ、外資コンサル・金融のマネジメント層は大半がMBAホルダーである。そして米国ならハーバード、スタンフォード、シカゴ、コロンビア、ウォートンが主流で、ヨーロッパなら断然インシアード、そしてLBSだ。

別に国内ネットワークでやってこれた一昔前ならまだしも、いまやコンサルも海外進出支援系のプロジェクトが非常に多い。またプライベートエクイティにしても、国内市場が縮小する中、ポートフォリオ企業の海外進出支援がますます増えている。

また外資系で働くのならばニューヨークやロンドンの本社から信任を勝ち取る必要があるが、当然さまざまな国のプロフェッショナルと自然に共同作業し、コミニュケーションすることに慣れている必要がある。そしてこれらの機会を、トップMBAプログラムの留学経験が提供してくれるだろう。

ちなみにGMAT受験者は皆さんの予想に反して年々低下してきている。これは、”中途半端なMBAに行っても意味がなかった”という背景と、別にMBA行かなくても様々なビジネスが出来るご時世だというのと、MBA行ってコンサルティングファームや外資金融に行くというモデルから、とっとと起業するというタイプの人が増えてきたからでもある。

これに対しビジネススクール側も、起業家専門のコースを創るなど、様相は様変わりしてきている。

グローバル・ネットワークを築く上で、MBAの役割は非常に大きい

目的次第でMBA行くべきかどうか、どこのスクールに行くべきかどうかが変わってくるが、グローバルなネットワークが必要な仕事をするならなおさら重要になってくる。

たとえば私の場合は入ってすぐ、モーリシャス出身の某英国銀行のITプロフェッショナル、南米から来たBHPビリトンの採掘担当者、インドから来たソーシャルアントレプレナー、ルーマニアの何をやってるかよくわからなかったがとにもかくにも美人、、、といった幅広い面々と友人関係を構築することが出来たものである。

これは、これまで外資系企業で多くの国々の同僚と働いてきた人でも、まったく違うレベルの友人ベースの、退職しても繋がり続けるありがたい人...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

✅当サイトの記事は全て、外資系戦略コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界内のトップファームで長年勤務する、弊社講師陣により執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム