プライベートエクイティファンド転職ビックリ3大経験

プライベートエクイティファンド転職ビックリ3大経験

プライベートエクイティ転職後にまず驚いた、3大ポイントについて書きます。

プライベートエクイティ転職後の3大驚きとは?

 

今回は、私がプライベートエクイティに転職してまず驚いた3つのポイントについて紹介したいと思います。


皆がニコニコ笑っている

私がプライベートエクイティファンドに転職してまず驚いたのは、皆ニコニコ笑っているということでした。もちろん、社内でニコニコ笑っていると、少しおかしな人になるわけですが、対外的にはとにかくマイルドで物腰やわらかく、皆”いいひとキャンペーン”をやっているのです。これは、プライベートエクイティというだけあって、全てのビジネスが個人間のプライベートな人間関係を起点として行われていることにも由来しています。

 

この業界は、お客とサービス提供者の関係が一方通行でもありません。投資家企業と、プライベートエクイティファンドの間で人が往来することもありますし、人気のあるファンドだと、投資家の方からお願いして“どうか私もこのファンドに投資家として参加させてください”とお願いする立場になることもあります。

 

よい人気ファンドほど、客集め、投資家集めにはまったく苦労せず、ファンドレイズを発表する前にすでに内内に、従来ファンドの客でファンドが埋まっている、ということもざらにあるのです。客だからと言って横柄な態度に出れる業界ではありません。

 

また、ライバル企業と助け合うことも数多くあります。これは、競合のファンドからその投資先の企業を買うこともあれば、自分の投資先の企業を、競合ファンドに買ってもらうこともあります。投資サイズが大きすぎるときは、競合ファンドと協力して共同投資することもありますし、業界が狭いので、おたがい口コミは業界中に大いに広まります。

 

周囲からの評判が非常に重要であり、くれぐれも敵をつくってはいけない業界なのです。

 


マネジメントフィーって、すごい:“投資すると約束した金額に対し、仮に何も投資されていなくても、毎年2%支払う?

 

私がプライベートエクイティファンドに転職して次に驚いたのは、マネジメントフィーのシステムです。これ、預かったお金に対してというと実は間違いで、正しくは“コミットメント額に対するマネジメントフィー”なんですよね。

 

仮に2%だとすると、100億投資するとコミットすると、最初の5年間の投資期間は、2%x100億の2億が毎年支払われます。ここが凄いところなのですが、この毎年の二億円は仮に投資されなくても、払われるのです。

勿論投資してくれないと、、困るのですが、あくまで“100億という投資を約束した枠の総額に対するマネジメントフィー”なので、極論を言えば、一度預かれば、毎年2億円×5年間分は入ってくるのです。

 

キャピタルコールと言って、投資家は投資案件が決まったときに、投資すると約束した金額の枠から自分に割り当てられた分を振り込むので、仮に投資されないと、LP投資家にとっては、“自分の口座から一度も出ていない100億円に対して、毎年2億円払う”ことになるのです。

 

上場株の投資ファンドは、すでに投資されているポートフォリオの総額に対して2%とかですが、プライベートエクイティファンドは“これから投資します、頑張ります!100億円約束した枠に対し、毎年2%払ってくださいね”という2% なので、性質が大きく違うのです。

 

投資の根拠が全然違う

プライベートエクイティに転職して驚いたのは、投資するときの判断材料の違いです。よく往々にして数値的ではなく、質的な分析で、大いに裁量の余地があり、不透明な状況での判断力が問われます。

 

たとえば、投資先が企業の場合はまだ分析の余地もありますが、仮に投資先がプライベートエクイティファンドだと、まだ投資すらされていないファンドに投資するのだから、見れるものと言ったら、財務数値化できない要素がほとんどです。

 

それこそ、その投資ファンドを運用するファンドマネジャーたちの実績や、将来どんなことをしそうかといった質的評価、またどのような投資家に支えられているかといったサポーターの評価、そしてファンドの契約書条項の評価や税金対策スキームの評価などになってくるので、上場株のように、投資対象の将来業績とバリュエーション水準を評価して投資するのと、まったく世界が異なるのです。

 

なので、特定の企業の株式を対象とした投資に慣れた人がプライベートエクイティに転職すると、“え、そんな根拠で投資を決断するの?”とかなり驚かれることでしょう。

 

バイアウト投資特有の、コントロールプレミアム


なお、ここではプライベートエクイティ投資ファンドへの投資について書きましたが、プライベートエクイティファンドが企業に投資するときの判断ロジックで、公開株などにくらべて特徴的なのは、そのコントロールプレミアムです。


公開株の投資ファンドだとせいぜい15%しか買えないのでコントロールはできない(またしてはいけない)わけですが、プライベートエクイティ、なかでもバイアウトファンドは50%以上の株式を買う(中にはマイノリティだけど大株主と株主間契約を結んで実質コントロールしている、というディールもありますが)ので、いざとなれば社長も変えられるし、戦略も変えられるし、資産売却も自分で決められます。


受け身の姿勢で株式を買うだけの公開株投資に比べ、企業経営をコントロールできる50%以上を買った時は、”コントロールプレミアム”として20%なり30%なりが企業価値評価時に加算されるのです。

 

 

2019年2月24日、六本木ミッドタウンにて、グローバルキャリア(コンサル・外資金融・プライベートエクイティ・多国籍企業・海外勤務)を目指す就活生・転職志望者向けに、グローバルキャリアセミナーを開催します。中野信子氏xムーギーキム氏xピョートルグジハチ氏x朝倉祐介氏x森本千賀子氏xエリック松永氏という豪華講師陣が勢ぞろい!第一部お申し込みはこちら 第二部(少人数)はこちら

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69