未経験者がプライベートエクイティファンドに転職してビックリな4大ポイントとは?

未経験者がプライベートエクイティファンドに転職してビックリな4大ポイントとは?

プライベートエクイティファンドに未経験者が入ると、PE業界内部では当たり前とされている、驚きの連続です。PE業界内部のコミニュケーションマナーや、ビジネスモデルの「コミットメントサイズ」に対して2%も毎年フィーを請求する業界慣行、投資委員会での判断基準や、コントロールプレミアムの考え方など、投資ファンドビジネスの実態に関し驚きつつも開眼するポイントが多いものです。以下に解説致します。

未経験者がプライベートエクイティファンドに転職してビックリな大ポイントとは?

 

今回は、私がプライベートエクイティに転職してまず驚いたつのポイントについて紹介したいと思います。


皆がニコニコ笑っている

私がプライベートエクイティファンドに転職してまず一つ目に驚いたのは、皆ニコニコ笑っているということでした。

もちろん、社内でニコニコ笑っていると、少しおかしな人になるわけですが、対外的にはとにかくマイルドで物腰やわらかく、皆”いいひとキャンペーン”をやっているのです。

これは、プライベートエクイティというだけあって、全てのビジネスが個人間のプライベートな人間関係を起点として行われていることにも由来しています。

 

このニコニコ笑顔の第一の理由は、プライベートエクイティ業界は、お客とサービス提供者の関係が一方通行ではないということです。

投資家企業と、プライベートエクイティファンドの間で人が往来することもありますし、人気のあるファンドだと、投資家の方からお願いして“どうか私もこのファンドに投資家として参加させてください”...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

✅当サイトの記事は全て、外資系戦略コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界内のトップファームで長年勤務する、弊社講師陣により執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム