プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ

プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ

プライドがエベレスト級に高い社会不適合者が多かった米国大手法律事務所勤務。面倒くさすぎる仕事の数々が4年続いた後、私はとある決心をした。「面倒くさい仕事は全部アウトソースできる、プライベートエクイティファンドに転職しよう」実際に私の親族もPE業界で働いており、どう見ても暇そうに見えるが稼いでいた。なによりあの「面倒くさがり」の兄でも務まるのだから、よっぽど「面倒な仕事」は全部アウトソースできるに違いない。以下ではPE業界未経験者だった私が、著名PEファームに転職して学んだ教訓を解説していきます。

プライベートエクイティ転載実話:「 弁護士の僕がPE転職ができた裏話」とは?

「面倒くさい仕事は全部アウトソースできるプライベートエクイティの投資チームに転職して、楽して稼ごう。」投資もファンド組成も全くの未経験だった私のプライベートエクイティ転職の旅は、こうして始まった。

私は、米国大学出身の帰国子女。卒業後米系の外資系証券株式部門に入り、トレーダーと法人営業を経験した。

一度「ボーナスギャランティ」に目が眩んで同業他社(同じく米系外資)に移ったが、それでもトータルで年という長いのか短いのか今ではよくわからないキャリアでの社会人人生の幕開けだった。

「お金のためだけに生きるのは人生勿体ない」、という高邁な人生観を掲げていた当時の私は、その後退職して再度渡米し、米国で大学院留学をした。

その後「知的な仕事」を売りにする某アドバイザリー系のファーム(世界中に知られる超権威のファームだが、敢えて社名は伏せる)に就職した。NY採用で、Expat(海外から日本への駐在、Expatriateから派生した業界後)扱いで東京に住んではたらいたのだが、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム