外資系投資銀行株式部門の環境が変わり過ぎ!?~面接で見るのはココだ!

外資系投資銀行株式部門の環境が変わり過ぎ!?~面接で見るのはココだ!

外資系投資銀行株式営業部への就職・転職志望者に向けて、外資系投資銀行株式部門での長いキャリアをもつ当セミナー講師陣がメッセージを送ります。

外資系投資銀行株式部門の環境が変わり過ぎ!?~面接で見るのはココだ!


外資系投資銀行の人気が一時よりは落ち着いたとはいえ、今でも各部門あたり数人の採用枠めがけて数百人の応募があり、そこから数十人を面接にあげ、3日ほどインターンをして、最後数人選びます。


応募してくるのは、殆ど東大生・京大生・早慶・一橋などの有力大学が中心ですので、別に学歴が高いからと言って特にプラスにはなりません。


ではインターンでは何を見ているのでしょうか。これは結局のところ、「一緒に働きたいと思えるかどうか」という人間性の一言に尽きます。もちろん論理的コミニュケーション能力および英語力が、外国人機関投資家を相手にするマーケット部門では特に必要とされます。


少人数のチームであるうえ、投資家やチームに気に入ってもらわなければならない人気商売でもあるので、「感じのいいコミニュケーション能力」がことさら重視されるのです。よって、3日のインターンなどで、浮いてしまう、争ってしまう、協調性の無さをばらしてしまう、というのがご法度なのです。


投資銀行株式部門・急変する業界環境への覚悟

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける