外資系証券会社の最終面接に残る人 3大ポイントとは?

外資系証券会社の最終面接に残る人 3大ポイントとは?

外資系投資銀行の最終面接に残る人は、どのような人なのでしょうか?実際の面接官は、何を見ているのでしょうか?Strong Careerの女性講師陣で、外資系投資銀行で長年のキャリアを持つ講師からのメッセージです。

外資系証券会社の最終面接に残る人大ポイントとは?

はじめまして。最近まで外資系証券会社の部門のリクルーティング担当をしていた私から見て、採用側から目線で、外資証券会社の最終面接で選ばれる人と選ばれない人の違いをまとめて見ました。

 

何百人もの選考スクリーニングを通って、最終段階の面接まで辿り着いている人は、学力とかを含む条件諸々、それまでの面接プロセスによってクリアしているので、シニアマネージャーが最終面接で見ているポイントは以下の点:

 

1.       一緒に働きたいと思える人

2.       芯があって、座ぜつしない人

3.       論理的に考える事のできる人

 

まず()の“一緒に働きたいと思える人“と言うのは、とても重要です。自分がこの人に仕事を教えてあげたい、この人だったら...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける