自分が大儲けするための3大転職パターンとは?~どのモデルが自分らしいか考えよう

自分が大儲けするための3大転職パターンとは?~どのモデルが自分らしいか考えよう

結局のところ、大儲けできるビジネスの特徴とは、何なのでしょうか?大儲けの裏には、多くの資金か労働者か顧客が動く必要がありますが、それは個人の特性によって選ぶべき道が変わってきます。大儲けという言葉に拒否感を感じる人もいらっしゃるでしょうが、多くの人のニーズを解決するという意味での、「誉大き大儲けへの道も確かに存在します。その大きな方向性の3大パターンについて、論じます。

大儲けするビジネスの、大パターンを理解しよう

コンサルなり投資銀行なりPEファンドなり起業なり、結局のところ儲かっている人やビジネスの3大特長は何だろうか?

まず第一に、お金をレバレッジする仕事である。私の古巣であるとある国の投資ファンドは私がいた数年前、運用資産は2000億程度で、投資プロフェッショナルの数は10人くらいだった。

それが数年たった今、運用資産は1兆円を超えたが、投資プロフェッショナルの数はほぼ同じである。

つまり資産運用などのビジネスは、規模の経済がもろに働くので、運用資金が増えてもコストはたいして変わらないという、典型的”お金レバレッジ型”ビジネスモデルだ。

貴方は資金を集め、それを儲かる機会に振り分けるセンスがあるだろうか?

第二に、労働力をレバレッジする仕事である。これは優れた起業家の特徴だが、ビジョンを売り込み資金を調達し、ビジネスモデルを組み立て、様々な働き手を集め、彼ら・彼女達の力を合わせてシナジーを作り出す。

基本的に、お金を集めてそれを投資配分して稼ぐのが苦手な人は、人を集めて効率的に組織化し、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム