プライベートエクイティ業界転職後に感じた、業務の実態に対する2大ジレンマとは?

プライベートエクイティ業界転職後に感じた、業務の実態に対する2大ジレンマとは?

プライベートエクイティ業界に転職後、ゴールドマンやマッキンゼー時代を思い出しながらあなたは、「こんなに楽に儲かるなら、もう辞められない」と思われるかもしれません。しかしながら、PE業界転職後に感じる2つのジレンマが存在します。そしてそもそも、PE業界への面接対策といった小手先の話ではなく、そもそもPE業界に転職した後にどのような投資をしてどうチームに貢献するのか、イメージを持っておくことが重要です。以下ではPE業界転職後に感じたジレンマを、PE業界転職検討中の方に先取りしてお伝えいたします。

プライベートエクイティ業界転職後に感じたジレンマ


「プライベートエクイティに転職し、投資先企業に入り込み、投資家・経営者両方の観点で自分を高めたい。」


こういったように、プライベートエクイティ転職を考えるエリートたちは、転職後待ち受ける人生に関し大変前向きなイメージをもつ。では、果たしてあなたは実際入社後にどう感じるのだろう?


本コラムでは、読者のみなさんにプライベートエクイティ生活のリアリティを臨場感もって味わってもらうため、筆者が社会人歴12年目でプライベートエクイティ入社し、そこで感じ取ったジレンマをつご紹介する。


ジレンマその:プライベートエクイティ転職後、こんな楽ちんで楽しい生活は、自分には相応しくない。でも、もう抜けられない

あなたがコンサルや投資銀行、そして弁護士出身者であるなら、プライベートエクイティは断然楽な仕事だ。


プライベートエクイティの実態は「株式の長期保有」という地味な仕事。ファンドのライフサイクルでいうと、5年に一回のペースで資金調達を繰り返し、集まった資金を5年以内に投資につぎこみ、その持分を売却するまで保有する。


「...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける