「就活人気ランキング」「コンサルランキング」は無意味

「就活人気ランキング」「コンサルランキング」は無意味

就職の人気ランキングを参考に企業選びをされてませんか。実際、ランキングはどのように作成されているかを踏まえ、その無意味さを解説します。

現実とかけ離れたランキング

新春の風物詩の一つがこの就職活動性意味なし人気ランキングだ。
政治家への投票と同じく、中身を知らずに直近の印象だけで決まるケースが多いが、この人気ランキングを見る限りビジネスの中身や将来性とはかけはなれた感が否めない。

このサイトをご覧になられる方々にとって重要なのは、それこそAIの松尾研の中で一番人気はどこか、であり、全大学生の中での人気ランキングなど、全く無意味なのである。
同様に、もはやコンサルも外資金融も所謂カッティングエッジな人だけが目指した時代から随分一般化したので、そういう人たちが行きたいサイトで行われたアンケートでどこが一番人気だったか、というのもあまり意味がないのだ。

(当然、そういう母集団相手に人気ランキングつくってもコンサルが一番人気になるわけだが、その母集団にはグーグルのディープマインドにアプライするような人材は入ってない。)

今後、AIに代替されまくる人員削減業界に殺到する、迷い過ぎてる子羊たち

それでも一応、この”無意味な全大学生人気ランキング”に出てくる名前にコメントしてみよう。三菱UFJはまぁ、金融に行くならバランスシートが強いので安定性は高いが、貸出先がなくて困っているビジネスにいまさら飛び込んで行ってどうするのだろう。

積極的に海外銀行を買収しているが、そんな仕事に付けるのは至極一部である。なにせ銀行自体、フィンテックの発展で今後人員削減が続く業界であり、削減される側のスキルを一生懸命学んでも、将来のアップサイドは知れているのである。

二位以下には明治やJRといった身近な知ってる企業が並ぶ。
全日空とか航空会社が毎年人気なのも不明で、かつての給料が高かったイメージを引きずっているのか、LCCに競争を挑まれて賃金水準が下方圧力を受けていても学生の印象には影響を与えない。

旅行会社も就職活動生に人気はあるものの、中にいる人に聞くと後悔しているという声をよく聞く会社の筆頭だ。
旅行に携われて楽しい、といった軽い印象で選ばれている気がしてならないが、印象の力は恐ろしいものである。

集英社とか講談社とか、出版不況の荒波をもろに食らっているところも上位に顔を出している。
まぁ、ひとそれぞれキャリアの好みが違うので別に参考程度に思ってくれればよいが。。

そもそも絶対的なランキングは存在しない

それにしても信託銀行は相変わらず就職活動生の人気が低い。
ここだけの話、信託銀行って地味な印象があるが結構海外勤務とかで香港やロンドン、ニューヨークに送ってくれるポジションがあるので部門によってはねらい目なのだが。。

ちなみに某経済紙の記事で総合商社苦戦とかかいてあったが、これはアンケート回答者のサンプルが違う。
そもそも三菱商事を目指しても無理だとわかっている大多数のプールを相手に就職ランキングを選ばせて、商社がランキング下位だと騒いでも仕方ないのだが、黙っていてもトップクラスの学生が集まってくる例えば外資コンサルや投資銀行は、マス向けのリクルーティングマーケティングをしないので全国的な就職人気ランキングでは顔を出さない。

大騒ぎして求人マーケティングしなくても一流どころの人材があつまってくるところは就職活動生向けに大げさな売り込み宣伝もしないものである。

逆に最近はコンサルファームの一部が全国大学生相手の人気ランキングに顔を出すようになっており、これは好況が続いて人員拡大しすぎて、実は平均的室が低下し始めていることを意味する。

実際に一昔前は毎年20人しかとらなかったところが、いま500人とか雇い出しているので、平均的な質の低下が社内でも問題になっている。

人気ランキングに出ていない魅力的な機会も探そう

はっきりいって、より重要なのはタイプ別に、比較軸を明確にした人気ランキングであり、間違っても全員に、現実とかけはなれた印象だけを基にした”人気ランキング”などつくっても、笑止千万というか、無意味千万なのである。

たとえば”長期的に働きたい、安定志向の人にとって、フリーキャッシュフローの安定性とAIに代替されない仕事ランキングを識者が付ける”みたいなのがあればより就活生の役に立つのだろうが、大手メディアで人気ランキング上位に出るのを目標にすると、ルくルーティングチームに”全国の大学生ランキングで人気がでるように頑張れ”という、無意味で間違った目標が行動指針になってしまうのだから。

ともあれ、株式投資と同じで、既に上がっている株を後追いしたところで儲ける人はおらず、安値で不当に売られているか、気づかれずに放置されている魅力的な会社を、主体的に選ぶところに面白みがあるのである。(ま、別に面白くなくても、ご自身のニーズと方向性にフィットの高い企業を選べれば、受け身でもなんでもいいのではあるが。)

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69