PE転職後に成功する為に必要な、たった2つのスキルと案件創出3大ポイントとは?

PE転職後に成功する為に必要な、たった2つのスキルと案件創出3大ポイントとは?

プライベートエクイティファームに転職成功しただけで、成功と思ってはいけません。その後、数あるファンドおよび社内のプロフェッショナルとの間で、優良な案件獲得及びファンドレイズの戦いが待っているのです。中でもLP投資家がPEファームに高いフィーを払うのは、ひとえに優良案件をエクスクルーシブにソーシングしてくれると信じるから。それではプライベートエクイティファームからアプローチされる企業創業者の心理の3大ポイントについて、以下に解説します。

プライベートエクイティからアプローチされる企業創業者の心理


つまるところ、プライベートエクイティが成功するにはつのスキルが必要だ。案件ソーシング力と、資金調達力である。


ではファンドサイクルの観点で、ソーシングが先か資金調達が先か、であるが、ここでの鶏と卵の順序ははっきりしていて答えは「鶏」である。ソーシング力があればリターン実績やポートフォリオ候補をショーケースでき、資金調達力もその分増す。もちろん資金調達できるだけでも凄いのだが、長期的にみると良い投資ができないとファンドはもたない。


では、良質案件の創業者(ここでは支配株主と同義と捉える)を口説き落とし、この「ファンドサイクルの鶏」を勝ち獲るシーンとはどういうものか。本コラムでは、案件ソーシングの現場でリアルに繰り広げられる心理的駆け引きつき触れてみる。


例として、無借金のピカピカバランスシートを持ち、営業利益成長も著しく、おまけにコストカットや海外展開余地のある素晴らしい企業の創業者と出会ったとしよう。


それは大江戸温泉のような「The 日本」的な、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける