プライベートエクイティ転職後、その90%はパートナーに昇格できない実態と転職先

プライベートエクイティ転職後、その90%はパートナーに昇格できない実態と転職先

プライベートエクイティは投資銀行などに比べ、比較的自由なカルチャーで知られるファームも多いもの。しかしそれでも、度を超えた自由主義者が「自分に求められている仕事」を果たす前に自由過ぎる振る舞いをすると、パートナーからお目玉を食らいます。そんな「自由でもパートナーの想いがまま」という実態に嫌気がさして、事業会社の投資部隊や起業に走る人も多い中、パートナー昇進競争に勝利する人は、どのような人でしょうか?以下に解説致します。

エリート社会の屈辱


プライベートエクイティ転職を目指す誰しもが、「上司やクライアントにこき使われる」屈辱に耐え抜いてきている。


たとえ外資系のエリートファームでも、なにがなんでもクライアントに奉仕して報酬を得る構造は、従来型国内企業とあまり変わらない。


いや、エリートファームの人間たちのほうが自尊心が強く、部下への当たり方はむしろキツイ。


プライベートエクイティファームは封建社会


プライベートエクイティも例外ではない。創業パートナーからすれば、ファームは自分の可愛い赤子同然だ。


後から入社した若造に、おいそれとGP報酬のエクイティ(パートナー昇格)は渡したくないし、毎月25日に給与を支払うのだから、手足を動かして面倒臭い業務をせっせとこなしてもらいたい。


著者自身も、「うちの社風は自由だ」といわれたのを真に受けて自力で案件ソーシングに勤しみ、知り合った経営者を招聘した勉強会を主催しようとした。


するとパートナーから「あなたにうちでそれを求めていない。頼んだ業務をこなしてほしい」と冷たく言われたことがある。


私のガラスのハートは粉々にぶち壊れたが、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける