ヤバすぎる平凡な外資コンサル・外銀志望動機9パターン~面接官もウンザリ!?

ヤバすぎる平凡な外資コンサル・外銀志望動機9パターン~面接官もウンザリ!?

転職や就職の面接で必ず聞かれる志望動機。 一見良さそうな志望動機でも面接官にとっては聞き飽きているのが実情です。仮にここで紹介するような典型的に平凡無比な志望動機を語るにしても、自分だけが語れる正直なストーリーに結び付け、きちんと自己開示することが、就職先と自分のフィットを高める上で重要な基本です。

ヤバすぎる平凡な外資コンサル・外銀志望動機9パターン~面接官もウンザリ!?

コンサル・投資銀行志望動機のほとんどは、ヤバいくらい同じ内容:絶対に問われる質問なのに、意外と皆、準備不足

面接で「志望動機」を聴かない面接はほぼないだろう。それほど、「絶対に問われる」ことが分かっているのに、それへの準備不足が多いのは嘆かわしいことだ。

面接で重要な位置をなす志望動機だが、大半の人は「志望動機の談合」でもしてるのでは、と思わせるほど同じような話をしてくる。

コンサルを志望している貴方は、

①“幅広く産業を見渡したい”
②“若いうちに自分の成長を最大化させたい”
③“将来経営者になりたい”
④“論理的思考能力を活かしたい”
等々、それはそれは退屈な志望動機を言ってくるのだ。

また投資銀行を目指す人は、

⑤“M&Aが企業の成長に必要”
⑥“グローバルな環境で働きたい”
⑦“将来プライベートエクイティに行きたい”
⑧“数学力を活かしたい”
酷い時は
⑨“金融は産業の血液ですから、、ぶつぶつ。。。”

などなど、これまた的外れ合戦の様相を呈している。

「自分の言葉で面接で志望動機を語れない人がほとんど」とはよくいったものだが、お勉強と事前準備に熱心ないわゆるエリート型の志望者が多いこの業界では、”他の人の志望動機を熱心に勉強して、同じこと呪文のように唱えて面接に臨む人”が、恐ろしく多い。

企業側にも責任がある:未経験者に誠実に業務内容を、ダウンサイド・デメリットも含め正直に開示しない採用企業の問題点

何故こうなるのか。正味の話、これは皆さんを責められない。
業界の外にいる人が実態を分かるわけないのだ。採用企業側が正直に、業務内容のメリット、デメリット、向いている人、向いていない人のパターン、辞めていく人はなぜ辞めていくのか、など、深いレベルの話を正直に開示せずに”大本営発表”をするところが多いので、就活・転職志望者も、企業のストーリーにそったうわべだけの志望動機を真似る人が増えてしまうのだ。

バンカーもコンサルタントも社内PRの為に説明会等では歯の浮くような宣伝文句を並びたてる。(実際私も、オフィシャルな場では会社を絶賛する。そうでないと、会社に怒られてしまうのだ。)

結果貴方の志望動機は大それた話にぶれる時は
“日本経済を直接金融の発達で活性化させ、、”
“M&AのGDPに対する比率は欧米のそれに比べ一割で今後も成長が望め、、”
“円高を背景にクロスボーダーのMA機会が増えており、、”

等となってしまい、逆にこじんまりした話にそれる時は
“僕は細部への注意力があり、会計の知識もあるのでそれを活かしたく、、、”
“激務なのは知っていますし、泥作業も苦にせず24時間働く自身があり、体力だけは負けません、、”

などの話になってしまうのだ。

これだと、向いてるのかどうか、本当のフィットの有無は不明のまま、それなりの経歴で面接ないし数日のインターンをそつなくこなした人が入社ということになってしまう。

見せかけの「志望動機」ではなく、「内心実感し、納得感のある生の声の志望動機」が重要

志望動機を考えるのは、目先の面接を突破するだけという短期志向の(いささかせこい)目的と、実際に自分が楽しみながら貢献できる仕事を考えるためという、長期的な目的の二つがある。

是非ともこの”志望動機を考える”という重要な作業を、”単に目先の面接を突破するためだけ”の小手先テクで終始しないようにして頂きたい。

志望動機をまとも(=貴方のやりたい事、強み、将来ビジョンがその職場でする仕事と整合性がある)なものにすべく、貴方はコンサルや投資銀行で出来る事を正確に知っている必要がある。

業務の実態に関しては当コラムの違うところで触れているのでそれらを参照にしてほしい。


そして業務内容を云云いう以前に、自分がやりたいこと、得意な事に正直に向き合い、原体験に遡って”これならだれよりも頑張れる”という納得感が自分の中にないと、人が書いた文章を読み上げるだけの志望動機は、他人どころか自分自身すら納得させることはできず、弱弱しい面接に終始してしまうものなのだ。

志望動機とは、文字道理自分が何を志望し、何に動機を感じるのかを考える自分探しの旅なはずである。

”他の人はこう答えている”ということだけ勉強して内定を得たところで、結局楽しめず活躍もできなければ、その内定辞退が失敗ということになるのだ。

では、どうしたらいいのか?志望動機は、業界経験者に見てもらうのが一番 

さて、志望動機が出来たら、その志望業界で働いている先輩、OBに見てもらい具体的にどれだけ現実離れしているか、軌道修正してもらおう。これは、アツく語ってしまいがちな志望動機が、その業界の内容に対する壮大な誤解に基づいており、ヤバめの志望動機になってしまっていることが多々あるからだ。
ただ間違っても業務内容を知らない謎の就職コンサルタントや就職課の先生に聞かないこと。

迷える子羊の貴方は、相談する人が増えれば増えるほど混乱する。
迷っているが為に、誰が言ってることも正しく聞こえてしまうのだ。


何故この業界を志望しているか分かっていない貴方に、業界のことも貴方のことも知らない相談員がアドバイスすることで、そこにカオス的志望動機が発生する。

本当に信頼できる業界を経験したアドバイザー2,3人に絞った方って相談する方が、バックグラウンド不明の20人に聞くよりよっぽど為になるだろう。

✅当サイトの記事は全て、外資系戦略コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界内のトップファームで長年勤務する、弊社講師陣により執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム