ゴールドマンVSマッキンゼー5大比較ポイント~お金のために頑張れるかが違う!

ゴールドマンVSマッキンゼー5大比較ポイント~お金のために頑張れるかが違う!

投資銀行のトップバンク、ゴールドマンサックスと、コンサルティングファームのトップ企業、マッキンゼー双方から内定をもらった場合、どのように比較して自分とのフィットを考えるべきでしょうか?その5大ポイントを記載します。

ゴールドマンサックスとマッキンゼーでは、共に優秀でも求めるものが違う

ゴールドマンもマッキンゼーも多くの人にとっては狭き門ですが、当セミナーに参加される方の中でもいわゆるトップティアの方々は、ほぼほとんどのコンサルティングファーム、投資銀行、総合商社、IT企業から内定を得られます。

それでは、マッキンゼーとゴールドマンサックス双方から内定をもらった場合、ないし双方を志望する場合、何を基準に自分とのフィットを考えるべきなのでしょうか?以下にその5ポイントを記載します。


・お金へのこだわり

両者を比較して顕著なのが、仕事へのモティベーションの源泉としてゴールドマンの社員は大半がお金を第一にあげます。ボーナスがたくさん出たときに一番頑張れると。

これに対しマッキンゼー社員はクライアントに貢献できたとき、社会に貢献している感が強く、成長を実感するときだと回答します。

もちろん個別事例はありますが、大勢を比べたときに、”仕事のモティベーションの最大の源泉”が大きく違うことを心得ましょう。

.成長へのこだわり

両社ともに成長志向が強いエリートが集まりますが、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

✅当サイトの記事は全て、外資系戦略コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界内のトップファームで長年勤務する、弊社講師陣により執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム