グーグルを目指せ!~コンサル・外銀ではなく、GAFAの中でもグーグルが一番!

グーグルを目指せ!~コンサル・外銀ではなく、GAFAの中でもグーグルが一番!

今や世界で最も収益力があり、最大級の企業価値を有するグーグル。その規模はマッキンゼーやゴールドマンが小人に見えるか、霞んで見えないくらいです。圧倒的な資金力と技術力と製品力が生み出す、自由と余裕のあるカルチャー。伝統的エリート企業が社内カルチャー変革を急ぐことを祈念しつつ、なぜ優秀な人はグーグルをまず目指してほしいのか、記載します。

MBBやトップティアIBを志望した人材が、GAFAの中でもGoogleを目指すわけ

当サイトはコンサルファームや投資銀行、プライベートエクイティを目指す人が多いのだが、私の周り(グローバルMBA)を見ると、もはやそれらは一昔前の職場である。

いや、もちろんいい会社もあるが、働きやすく高給で有名なベインや大手金融機関からも、グローバルではグーグルに転職する人が非常に増えている。そして満足度も非常に高いのだ。

当サイトは別にグーグルから一ドルたりとももらってるわけでもなく、しかも検索してもなかなかヒットしないくらい、まったくグーグルには恩義のかけらもない。

しかしあまりにもコンサルや投資銀行から転職した友人たちからの評判が高く、またこれまで-年で”体力の限界””こんなこといつまでもやってられん!”などとフットワーク軽く転職していた”転職市場の足軽部隊”である彼ら、彼女たちが、グーグルで幸せそうに長居しているので、この社員満足度の高さはガチである。

今回はそんなグーグルの社内文化を、皆さんが猪突猛進に受けているコンサルや投資銀行と比べて解説しよう。

・...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける