グーグルを目指せ!~コンサル・外銀ではなく、GAFAの中でもグーグルが一番!

グーグルを目指せ!~コンサル・外銀ではなく、GAFAの中でもグーグルが一番!

今や世界で最も収益力があり、最大級の企業価値を有するグーグル。その規模はマッキンゼーやゴールドマンが小人に見えるくらいです。圧倒的な資金力と技術力と製品力が生み出す、自由と余裕のあるカルチャー。ただしあなたが最新のデータソリューションを国際的なチームで日本の政府組織や大企業に提供するスケールの大きな仕事を思い描いているのであれば、コストセンターであるプロダクトチームの方と、プロフィットセンターだけどドメスティックなビジデベチームとは全く違う経験になると理解した上で、転職活動に臨みましょう。

MBBやトップティアIBを志望した人材が、GAFAの中でもGoogleを目指すわけ

当サイトはコンサルファームや投資銀行、プライベートエクイティを目指す人が多いのだが、私の周り(グローバルMBA)を見ると、もはやそれらは一昔前の職場である。

いや、もちろんいい会社もあるが、働きやすく高給で有名なベインや大手金融機関からも、グローバルではグーグルに転職する人が非常に増えている。そして満足度も非常に高いのだ。

当サイトは別にグーグルから一ドルたりとももらってるわけでもなく、しかも検索してもなかなかヒットしないくらい、まったくグーグルには恩義のかけらもない。

しかしあまりにもコンサルや投資銀行から転職した友人たちからの評判が高く、またこれまで2-3年で”体力の限界””こんなこといつまでもやってられん!”などとフットワーク軽く転職していた”転職市場の足軽部隊”である彼ら、彼女たちが、グーグルで幸せそうに長居しているので、この社員満足度の高さはガチである。

今回はそんなグーグルの社内文化を、皆さんが猪突猛進に受けているコンサルや投資銀行と比べて解説しよう。

1・心理的安全地帯 VS 心理的危険地帯

グーグル出身者、特に人事部長出身者が近年の「働き方改革」の波に乗ってメディアでも注目を集めているが、グーグルは実際に社内カルチャーとして「心理的安全地帯」の重視を掲げており、心理学に基づいた自己開示、信頼関係の構築、安心感の醸成に強く配慮している。

そもそも人間は集団間での信頼関係と安心感が重要な生き物である。投資銀行のようにお金を稼ぐことが第一の目的で、政治闘争の果て「実力主義」を名目に平気で人を切るような業界カルチャーは、人材獲得競争でグーグルに惨敗して、消えてなくなればいいのに、と思うくらいだ。

皆さんも転職先、就職先を選ぶときは、「人を幸福にする組織文化」を真剣に考えるカルチャーかどうかを問うようにしていただきたい。

言い換えれば、ブラックカルチャーでもブランドと多少高い給料、しょうもない名声に惹かれて入ってしまうから、ブラック企業が真っ黒のまま暗躍するのである。(ラグビーワールドカップにかこつけて、投資銀行業界の大半の企業を”オールブラックス”と呼びたいくらいである。)

2.自由闊達 VS マイクロマネジメント

開発エンジニアが一番偉い会社であり、エンジニアは自由に好きなものを作ってもらうのが大切なので、会社のDNAからして自由闊達さを重んじている。

また新卒であろうとマイクロマネジメントは厳禁で、自主的に学び、主体的に成長することが求められる。

これは自由の余地がほぼなく、大量の雑務で新人をこき使い、マイクロマネジメントの権化のような人が多い大半の投資銀行と、鮮明な対比を創り出している。

マイクロマネジメントは人間の創意工夫やモティベーション、活力をを削いでしまうものである。

まぁ、金融機関は総じてやることがカッチリ決まっているので、自由闊達に全く違う面白いことを次々とされても困るのだが、自由闊達さを重視する方はぜひグーグルを優先的に考えてはいかがだろうか。

3.ワークライフバランス最高 VS ワークバランス最低

ワークライフバランスの良さ、休暇の多さ、プライベートの尊重という意味でも、グーグルは既存のエリート業界と一線を画している。

有給休暇消化率が最も低い水準にある投資銀行日本支社に比べ、プロダクトの強さから走り続けなくてよいモデルなので、勤務時間、休み時間にも余裕がある。(もちろん、エンジニアチームと異なりセールスだけはノルマ達成が厳しく求められるという声もあるのだが)

実際にグーグルのような働きやすさ、社員を大切にするカルチャーを目標にする会社も増えてきており、「よい企業カルチャーを作り、世に問う」という意味でも重要なリーダーシップを発揮している企業である。

4.圧倒的な商品力 VS 完全競争

グーグルアドワーズはその圧倒的な商品力とマーケットシェアで、放っておいても潤沢な資金を会社に流し込んでくる。

これに対し、多くの投資銀行は提供サービスがほぼ同じなので、熾烈な営業競争に神経をすり減らすことになる。

ひたすら「うちの銀行が2019年の株式発行主幹事数では一位です」「M&Aリーグテーブル、日本と中国を除くアジアの500億から1000億の案件であれば、上半期に関してうちが一位です」などの資料をいつまでも作っているわけにはいかない。

恣意的に都合よく切り刻んで自分を一位にする、虚しすぎるマーケティングピッチにしのぎを削るような社風の企業は、21世紀初頭の投資銀行を最後に、博物館に追いやらなければならないのだ。

5・西海岸(スタンフォード)VS東海岸(ハーバード)

グーグルと伝統的な”エリート業界”の違いは、グーグルが文字通り西海岸のスタンフォードコミニュティを拠点に成長してきた。

これに対し伝統的金融機関はハーバードやウォートン、コロンビア大中心のウォールストリート・東海岸コミニュティを拠点にしてきた。そのことが社風、カルチャーの差となって表れている。

これは余談だが、人はやはり海を見ながらきらめく太陽を浴びて、カラッと過ごしやすい気候にいると、いい人が多くなるものなのである。(実際にトップMBAの中でも、スタンフォードは人のいい人が多い。)

6.グローバル VS ドメスティック

グーグルは社内で英語を使うのが基本で、外国人スタッフも非常に多い。またアジアはAPAC本部がシンガポールにあるので、海外オフィスとのやりとりも頻繁である。

販売商品もグローバルに開発された商品で統一されているので、ローカル化に汗をかく機会も少ない。

これは外資といえどもクライアントが日本企業のオジサンたちで、言語も文化も日本ローカル化することが求められる「伝統的エリート産業」と、東京オフィスの国際性も大きく異なるのだ。

(ただし要注意なのは、グーグルとはいえビジネスデベロップメント、つまり営業は日本人主体でドメスティックなカルチャーだということ。国際性を求めて入るなら、プロダクトチームがお勧めだ。

入る門はより狭いが、コストセンターなので数値ノルマなどないし、人数も少ないので裁量も大きく、しかもコロナで自宅勤務が大半なので、あの素晴らしい社員食堂で食べられないことを除けば、もはや自分が何をやっているのか上司も誰も知らない状況で主体的に働くことができる。)

7・将来性 VS 収縮性

データ量がモノを言う第四次産業革命のAI分野において、データ量とその成長率でグーグルの右にでる会社はない。

正確にはバイドゥやテンセント、アリババといった中国勢がAI分野ではその豊富なデータ量で急速に追従しているが、これら業界の覇者たちは、5GのAI時代にさらに大きな飛躍をすることになる。

これに対し、リーマンショック後の規制強化と、かねてからの労働集約型で非人間的な労働を強いるカルチャーを引きずる「伝統的エリート企業」では、その将来性の差が明暗を分けているのだ。

人を資本主義の駒としか見ない会社ではなく、社会を良くするミッションを重視する企業に入ろう

以上、こんなこと書いているうちに私もAPAC本社にいる友人に頼んでレジュメでも送りたくなってきたくらいだが、まだ若い新卒でこのような会社が存在し、挑戦できる皆さんが正直うらやましい。

私は企業は社会をよくする組織文化を創るのがその重要な使命であり価値の源泉だと思っている。

この意味でお金に魂と人生(家族・友人との時間)、また頻繁な解雇で自信と尊厳を平気で奪うことが常態化し、その異常さに慣れてしまっている一部の外資系投資銀行は、そのカルチャーもろとも消え去った方が、世のため人のためでは、と思えてくるくらいである。

優秀な皆さんがまずは世の中に広めるべき「人を幸福にするカルチャーの会社」に入ることを応援すべく、別に一円もらったわけでもないのに、「グローバルMBAの世界では、投資銀行やコンサルよりグーグルが圧倒的に人気ですよ」という実態をお伝えすることにした。

皆さんが是非、劣悪な社風・カルチャーの”伝統的エリート企業”にNoを突き付け、そんな企業カルチャーで人を社畜にする極悪企業・業界の”人材面での淘汰”を促進してほしいと願うのみである。



*会員登録されますと、会員限定コラムへのアクセスや、志望業界で働くストロングキャリア運営チームへの無料キャリア相談、プライベートエクイティ、コンサル、外資系投資銀行の優良案件のご紹介、会員限定ウェビナーなど多彩な特典を受けることが可能です。

お知らせ・おすすめ記事

プライベートエクイティ面接対策100本
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!

プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?

プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職

もっと読む































閉じる
戦略コンサル転職対策100本
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
テキスト購入者様からの評価
テキスト購入者様からの評価
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?

コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??

MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?

もっと読む






























閉じる
外資系投資銀行面接対策100本
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?

企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!

外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?

もっと読む
















閉じる
新卒ハイレベル就活
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?

エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信

経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
チームメンバー紹介:野間円
チームメンバー紹介:野間円

もっと読む











































閉じる
プロフェッショナルスキル研修・財務モデル編
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)

財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!

企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?

もっと読む



閉じる
総合アクセスランキング
カテゴリランキング