PWCコンサルティング徹底解剖10大特徴~総合系代表格はアップオアステイ?

PWCコンサルティング徹底解剖10大特徴~総合系代表格はアップオアステイ?

総合系コンサルティングファームの代表格、PWCコンサルティングを、他のコンサルティングファームと比べたときの10大特徴について解説いたします。

PWCコンサルティングの10大特徴とは?

PWCコンサルティングは総合系BIG4の一角として日本でも近年急成長しています。以下では他のコンサルティングファームと比べたときの10大特徴を記載します。

①急拡大につき、転職者が多い

PWCは業績好調につき組織の急拡大が続いており、大量の転職者が働いています。中途転職者がマイノリティ感を感じずにすむ半面、結果的に社内の統一的なカルチャーや愛社精神は希薄な傾向があります。

②アップオアアウトではなく、アップオアステイ

人員不足もあいまり、アップオアアウトで解雇されることはほぼありません。ときにはディモーションされる人もいますが、総じて希望すれば長らく働くことができるコンサルティングファームです。

しかし政治闘争で過去の経費を引っ張り出されて、”このプロジェクト経費になんでキャバクラ代がこんなに入ってるんだ”などとやり玉に挙げられて解雇される上層部がいたというのは某ファームの某パートナーの話ですが、この手の話は、外資系コンサル政治闘争あるあるです。

③ベースは低めだが、ボーナスが高め

PWCはベースサラリーは競合比(サイズ的にもポジショニング的にも、デロイトトーマツコンサルティングが社内でライバル視されています)低めです。しかし年収の4割に迫るボーナス比率は、業界の中でもかなり高めです。

④組織が大きく、インダストリー軸とソリューション軸で分かれている

小規模コンサルティングファームと異なり、産業ごとにチームが存在し、また戦略、オペレーション、組織、ITと、ソリューションごとのチームも存在します。

組織カルチャーとしては自由にイニシアティブを発揮できるチームがある半面、極めて日本的、ドメスティックカルチャーのチームも存在し、統一的なカルチャーは希薄です。したがって、自分に合うチーム、案件、上司の元で働くことが重要になります。

⑤昇進が遅め~5段階構成(入社時の給与交渉が重要)

組織はパートナー、ディレクター、マネジャー、シニアアソシエイト、アソシエイトの5段階です。各ランクに上がるスピードが総じて遅く、若いタレントが外部に転出しがちです。これは人数が多く、上が詰まっていることも影響していると予想されます。

また入社後の昇進や昇給が遅いので、入社時に前職スライド式で提示される給与に対し、全力で交渉することが重要になります。

⑥グローバルファームだが、日本は総じてドメスティック

マネジャー以上は英語力が求められますが、総じて日本語環境であり、マッキンゼーやベインのように英語なしでは組織に居場所がない、社内コミニュケーションも英語が基本、という状態ではありません。

基本、ドメスティックカルチャー(金融チームなど一部外国人が多いところは除く)と思っていただいて結構です。

⑦純粋な戦略系は、買収したStrategy &の領域

総合系の中では、デロイトがモニターを買収したのと同様、ブーズを買収し、Strategy &という、世界的にセンスのない改名と揶揄されている戦略コンサルファームを有しています。(ブーズはブランドの高いファームでしたが、この買収と残念な改名で、業界内でのポジションを下げる結果となりました。)

⑧上層部は政治闘争が激しい

大規模ファームにありがちな問題ですが、パートナー間の売り上げ競争や政治闘争が一部で激しく、政治闘争に敗れて退社を余儀なくされる人もいます。

政治センスのない人(例えばメール一つ見て、なぜこのメールにはあの人はCCされていないのだろう、などの細部でダイナミクスに気づかない人)は、シニアアソシエイトまでの兵隊クラスから上の活躍は難しいので、ご自身との適性フィットを見極めましょう。

⑨仕事は忙しく、人生=仕事に

プロフェッショナルとしての成果にはこだわるカルチャーなので、仕事は忙しく、人生の大半が仕事になります。ご自身のライフステージと求めているライフワークバランスを鑑みて、本当にプライベートを犠牲にできる状況かどうかを見極めましょう。

⑩高級派遣業と化した役職も多い

総合系4社に共通する特徴ですが、業績拡大をけん引しているのはクライアント先の常駐案件です。これは社会の人手不足が深刻化するにつれてさらに需要が増えるので、今後も需要の高さに引っ張られた高級派遣要員採用が増加します。

入社後に”戦略コンサルとしての仕事ではない”と期待外れで後悔しないよう、入社時面接で自分がアサインされる仕事のイメージを極力合わせておきましょう。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69