PWCコンサルティング徹底解剖10大特徴~総合系代表格はアップオアステイ?

PWCコンサルティング徹底解剖10大特徴~総合系代表格はアップオアステイ?

総合系コンサルティングファームの代表格、PWCコンサルティングを、他のコンサルティングファームと比べたときの10大特徴について解説いたします。

PWCコンサルティングの10大特徴とは?

PWCコンサルティングは総合系BIGの一角として日本でも近年急成長しています。以下では他のコンサルティングファームと比べたときの10大特徴を記載します。

急拡大につき、転職者が多い

PWCは業績好調につき組織の急拡大が続いており、大量の転職者が働いています。中途転職者がマイノリティ感を感じずにすむ半面、結果的に社内の統一的なカルチャーや愛社精神は希薄な傾向があります。

アップオアアウトではなく、アップオアステイ

人員不足もあいまり、アップオアアウトで解雇されることはほぼありません。ときにはディモーションされる人もいますが、総じて希望すれば長らく働くことができるコンサルティングファームです。

しかし政治闘争で過去の経費を引っ張り出されて、”このプロジェクト経費になんでキャバクラ代がこんなに入ってるんだ”などとやり玉に挙げられて解雇される上層部がいたというのは某ファームの某パートナーの話ですが、この手の話は、外資系コンサル政治闘争あるあるです。

ベースは低めだが、ボーナスが高め

PWCはベースサラリーは競合比(...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける