PEファンドからの、他のPEファンドへ転職する理由5大パターンとは?

PEファンドからの、他のPEファンドへ転職する理由5大パターンとは?

プライベートエクイティファンドから、他のプライベートエクイティファンドに転職する人は、どのような理由で転職するのでしょうか。Strong Career会員・講師陣の豊富な実例から、現役のPEプロフェッショナルが解説します。

プライベートエクイティファンドもピンキリさらに自分にあったファンドへ転職するために重要なこととは?

プライベートエクイティファンドも数が増え、戦略やサイズ、成長性や文化が大きく変ってきています。

Strong Careerにはアドバンテッジパートナーズやインテグラル、ユニゾンやCLSA、CVCやMBK、ベアリングズからベインキャピタルなど、数多くのファンドでその会員や講師陣が働いています。

その中には、複数のファンドを渡り歩く方や、海外ファンドに挑戦する人もいます。

当サイトにはとくにマッキンゼーからプライベートエクイティファンド志望の方から問い合わせがよく寄せられますが、PEファンドを渡り歩く人のPEファンド間転職志望動機から、自分にあったファンドの選び方のヒントを論じてみましょう。

.どのポジションではいれるかによって、成長性が異なる

ちょうど今日、某国のKKRの若手アソシエイトで他ファンドに転職を考えている元同僚と食事をしていました。

彼はPE業界のある意味頂点ともいえるファンドに働き、代にして万ドルほどの給与を得ながら、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける