アマゾン就職・転職に、向いている人いない人の8大ポイントとは?

アマゾン就職・転職に、向いている人いない人の8大ポイントとは?

GAFAの一角の中でも最も巨大で成長目覚ましいアマゾン。国内でも新卒・中途転職ともにキャリアの機会が広がりました。コンサルや投資銀行に比べてもそん色のない給与水準、それをはるかに上回る待遇を享受する社員もいます。以下ではアマゾンでのキャリアを志向する人が考慮すべきポイントを論じます。

アマゾンを志望するときに知っておくべき8つのポイント

.の行動指針の徹底(Our Leadership Principles)

アマゾンのHPを含めあらゆる媒体で知られるところですが、社員は全員リーダーであるというコンセプトのもと、以下のの行動指針が宗教の教条のように重視され、人の評価や会社での議論の中でも浸透しています。

以下のポイントを重視した適性判断がなされ、また入社後もこの基準で評価されるので、そもそもご自身がカルチャー的にフィットしているかを判断する必要があります。(以下、アマゾンOLPの要約)

.Customer Obsession

客から信頼を獲得し、維持していくために全力を尽くす。

.Ownership

オーナーシップが必要。長期的視点で考え、短期的な結果のために、長期的な価値を犠牲にしない。「それは私の仕事ではありません」と口にしない

.Invent and Simplify

リーダーはチームにイノベーション(革新)とインベンション(創造)を求め、同時に常にシンプルな方法を模索する。状況の変化に注意を払い、新しいアイデアを探しだす。

....

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける