広告(電通・博報堂)からコンサル転職志望者が多い理由と、6大注意点とは?

広告(電通・博報堂)からコンサル転職志望者が多い理由と、6大注意点とは?

電通、博報堂といった広告会社からコンサルファームへ転職を希望する方はたくさんいます。そして実際、かなりの数の中途コンサルが、電博出身だったりもします。以下では電通のような広告会社のほうが向いている人の特徴、電通などからコンサルに移ったほうがいい人の転職理由などを解説いたします。

広告業界でのキャリアを続けるPro& Con6大ポイントとは?

1.仕事好きが多く、仕事へのコミットメントが高い

電通や博報堂で幸せなキャリアを築いている人は、そもそも広告の仕事が好きで、長時間勤務することをいとわず、自然と仕事へのコミットメントが高い人々です。

また、おそらくその他の職種だと仕事がまったくできないだろうクリエーター系の人が重宝されるのも、「消費者受けうるのは何か」というセンスが重視される、広告業ならではの特徴です。

有名な電通鬼十則(以下参照)に代表される「仕事への強いコミットメント」という、電通カルチャーへのフィットが重要です。

この内容は、特に太字の部分などはコンサルや他のビジネスでも共通する仕事の基本でもあります。以下に参考に掲示いたします。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2.
仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3.
大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4.
難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5.
取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

2.コンサルと共通点~多様な業種のナショナルクライアントと働ける

電博といいますが、実際は電通が圧倒的に大きなマーケットシェアをもっています。

広告市場最強のリソースで、多様な業界の大手ナショナルクライアントとともに、大型案件に参画することができます。

また、打ち手は結局マーケティングというか、コミニュケーション周りに偏ってしまうものの、消費者向け商品・サービスを提供する幅広い大企業の課題を分析し考えることができるのは、この意味で戦略コンサルの仕事と一部共通しています。

なおこの「多様な業界に携わりたい」「クライアント企業の課題を考えたい」というのが、コンサル・金融希望者と一部併願者が多い共通点ともなっています。

3.エンターテイメントマインドが強く、社会の消費喚起をできる

芸能人や経済界のドラ息子が一定割合縁故採用されていることでも知られていますが、「面白いことしたい好き」の比率が多い会社です。

マスメディア、芸能界とともに働くことも多く、特にクリエ―ティブ部門などは「面白いイベントで消費を喚起したい」というエータテインメント精神を大切にしている人が多く働く業界です。

普通、面白いことを考えるお調子者系の人は、多くの業界で地道な事務や書類作成の仕事ができないものです。

結果的に「学校での人気者、社会での落伍者」になりがちなのですが、「面白いことを考え、言える人」に需要があるという、珍しい業界の一つだと言えるでしょう。

4.超安定企業、年功序列で比較的高給が継続~しかしホワイト化の代償も

いわゆる日本企業カルチャーが合わない人には、そのいささかジュラ紀・白亜紀的な企業カルチャーに、物足りなさも感じるでしょう。

電通も博報堂も日本を代表する大企業であり、解雇されることはなく、実力主義もあまり機能していません。

年功序列・体育会カルチャー・多すぎる飲み会といった、「昭和系大企業三種の神器」は、この両社で今も健在です。

仕事の量はできる人に偏りますが、給料の差はたいして尽きません(500万スタート、30で1000万、中盤で1500万、以降伸びは鈍化)。

一方で残業代で稼いできた若手サラリーマンは、例の不幸な一件ののちに急激に浸透した「働き方改革」で残業が削減され、給与減少の憂き目にあっています。

5.いつまでいるかは考え物~斜陽産業・成長カーブは30代から落ちる

電通、博報堂など広告会社をやめたい人が良く言うポイントですが、広告代理店なのでやはりクライアントへの関与の仕方が広告(とくにコミニュケーション)しかなく、幅広い経営課題に参画したいというものです。

また20代で学んだことを、その後も長らく同じことを繰り返すので、成長カーブが30代中盤で著しく落ちることに危機感を感じて、20代後半や30代前半で、電通からコンサル転職を志望される方もたくさんいらっしゃいます。


かつ、やはり広告枠を買ってそれを売るマージンで生きるビジネスモデルに先がないことへの不安感を理由に、転職される方も数多くおられます。

6.配属先次第では、全くやりたくない業務を大嫌いな人とやる羽目に

これも典型的な「電博キャリアリスク」なのですが、配属先を選ぶことができず、希望と全く違う業務内容のところに配属されてしまうことがあります。

自分と性格が全く合わない上司の下で働かされたりすると、カルチャーフィットと業務内容に対するフィットのなさで、電通・博報堂からのコンサル転職を選ぶ人がいらっしゃいます。

以上、電通への就職が向いている人と、電通からコンサルなどへ転職する人の特徴をまとめてみました。

就活・転職時の参考にしていただければ幸いです。

*会員登録されますと、会員限定コラムへのアクセスや、志望業界で働くストロングキャリア運営チームへの無料キャリア相談、プライベートエクイティ、コンサル、外資系投資銀行の優良案件のご紹介、会員限定ウェビナーなど多彩な特典を受けることが可能です。

お知らせ・おすすめ記事

プライベートエクイティ面接対策100本
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
プライベートエクイティ転職後に重要な、割安案件の発掘に必要な3大要素とは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
マッキンゼー/BCG社員のプライベートエクイティ転職志望動機5パターンとは?
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!
プライベートエクイティ面接の最後にこれを聞け!投資テーマ差別化最前線!

プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ転職志望者が心得るべき深すぎる「事業法人」との付き合い方
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
プライベートエクイティ投資の仕事の本質~パートナー実務で最重要なLP対応の実態
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?
PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?

プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
プライベートエクイティ業界勢力図~PEファンド転職前にスグ読みたい4ポイント!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職
プライベートエクイティへの転職対策総まとめ~コンサル・投資銀行からのPE転職

もっと読む































閉じる
戦略コンサル転職対策100本
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
コンサルケース面接、ケース面接回答&講評57パターン徹底分析!
テキスト購入者様からの評価
テキスト購入者様からの評価
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?

コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??

MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
MBTIでみたプライベートエクイティ・コンサル投資銀行転職適職診断とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
ローランドベルガーからマッキンゼー転職で分かったマッキンゼーの意外な魅力とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?

もっと読む






























閉じる
外資系投資銀行面接対策100本
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職面接対策総まとめ~外資金融への転職・面接で重要なコラム50選!!
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
投資銀行転職後の年収の全て~何故給料が高いのか?部門別年収ランキングとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?
金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?

企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
激務の果てに欲しいもの~ピカイチに虚しい外資金融転職の3大雑務とは??
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!
不動産金融(REIT上場)からの転職相談~日系金融は年収が低いのに激務!

外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
外資金融面接で、どの株を勧めるか聞かれたら、コレを考えよう!
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
リーマンショック時の大量解雇で実感!!投資銀行業界内レピュテーションの重要性
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?
外資金融、社内恋愛を避けるべき3大理由とは?~出世レールを外れる大リスク!?

もっと読む
















閉じる
新卒ハイレベル就活
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
外資系金融機関からMBA後にアマゾンに転職し起業してみた
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
LGBTにとって働きやすい会社とは?FacebookやGoogleを選んだ理由
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?
女性にとってのボストンコンサルティンググループでのキャリアの意外な実態とは?

エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
エリック松永氏が語る、「死ぬまで後悔するキャリア」のススメ
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリアフォーラム2021のお知らせ(8月24日開催 参加費無料!)
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信
Zキャリア紹介:Z世代女性がESG対応企業経営陣をインタビューし、SNS発信

経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
経営共創基盤の塩野誠氏が生まれ変わったらアイドルのスカウトマンになる理由とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
アクサ生命への転職:アクサ生命安渕社長に聞くESG企業リーダーの在り方とは?
チームメンバー紹介:野間円
チームメンバー紹介:野間円

もっと読む











































閉じる
プロフェッショナルスキル研修・財務モデル編
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
財務モデル・バリュエーション実務研修セット~DCF/LBO/COMPS
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)
基本から教えて欲しい!!財務モデル・バリュエーション研修 Q&A(初級編)

財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
財務・バリュエーションモデル研修 QA(上級編)(DCFモデル・コンプス)
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
企業価値バリュエーションの計算方法4選とは~DCF, PER, PBR, DY
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!
LBOモデルテスト徹底対策セミナー:プライベートエクイティ転職面接の徹底支援!

企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
企業価値評価・バリュエーション手法への5大質問~金融テキストに関して
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
COMPS(コンプス)で間違うバリュエーション(企業価値評価)5パターンとは?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?
外資金融実務研修:プライベートエクイティ企業買収時、なぜSPCを使うのか?

もっと読む



閉じる
総合アクセスランキング
カテゴリランキング