コロナショックでコンサル各社、採用フリーズ開始!~「100日後に死ぬワシ」

コロナショックでコンサル各社、採用フリーズ開始!~「100日後に死ぬワシ」

コロナウィルスの世界的蔓延で、就職・転職活動も大きな変化を迫られています。コロナショックを経てどのような変化が起きているのでしょうか?以下に解説いたします。

コロナショックで就活・転職に起こっている大変化とは?

.採用のフリーズ

一部のコンサルティング会社で、早くも採用のフリーズが始まっています。表向きは「いい人がいたらぜひ紹介してください」という姿勢は崩していません。

しかし実際は、コンサルポジションはこれまでの超売り手市場から、買い手市場にシフトしていくことでしょう。

.在宅勤務で、実は「オフィスにいなくても全く困らない人」が大判明

月いっぱいでだった自宅勤務は月にも伸び、大手総合商社、会計事務所、コンサルティングファームなど多くの業態で自宅勤務が急速に広まっています。

この結果、必要な人で開催されるオンラインミーティングが増えるとともに、会社にいなくても一向に誰も困らないどころか、むしろ「いないほうがありがたい」人たちが大量に判明し、コロナショックを口実にしたリストラリストの作成が進行しています。

.「働き方改革」の強制的な進展

在宅勤務やオンラインミーティング化が進んでいなかった多くの企業で、不幸中の幸いが起こっています。

反対していたおじさんたちの抵抗が薄れ、「働き方改革」が急速に進行していまるのです。...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける