投資銀行への志望動機で意外と多い、「環境問題解決」金融志望者の妄想3パターン

投資銀行への志望動機で意外と多い、「環境問題解決」金融志望者の妄想3パターン

就職活動を始めると突然、世界平和や貧困国救済、そして環境問題解決の3パターンで自分自身の社会的使命を語りだす人が続出しますが、実際に環境問題を金融キャリア選択で解決できるのでしょうか?端的に申し上げますと、環境問題解決施策に投資するグリーンファンドはかなり昔から存在し、毎年のように大きくなってきています。しかし短期リターンが見込めないので、政府資金が原資になることも多いです。民間資金だけだと、ファンド期間が長くて10年なので、その間にリターンが見込めない環境問題解決にファンド資金は回りません。

投資銀行への志望動機で意外と多い、「環境問題解決」金融志望者の妄想3パターン

慶應義塾大学 商学部 MHさんの方より質問

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング