トヨタ自動車を飛び出して、コンサル転職志望の若手が急増10大理由とは?

トヨタ自動車を飛び出して、コンサル転職志望の若手が急増10大理由とは?

日本を代表する世界のトヨタ。その自動車市場でのリーダーシップとポジショニング、またメードインジャパンを代表する世界的メーカーとしての名声が、多くの優秀な若手を惹きつけています。しかしながらいざ入社すると、豊田市という田舎でトヨタグループの人に囲まれ、大企業の一部の一部を担当する裁量権のない若手として20代を過ごすことに警戒心を抱き、コンサルや外銀、他業種に転職する人も数多く存在します。トヨタ自動車の問題に象徴される、伝統的大企業日本メーカーに就職した時のダウンサイドリスクとは?以下に解説します。

トヨタ自動車はズバリ、よっぽど車好きで田舎暮らしOKで、安定終身雇用志向でない限り、トップティアの若手にはお勧めできない大理由

.高い配属リスク

日本の大企業特有の問題ですが、車好きで消費者へのインパクトを見たくて、ないしワクワクするような車を作りたくて入った人が、配属リスクの高さに涙するケースが多くみられます。

まったく関係ない内部管理のポジションに配属されたり、事例で東南アジアに駐在を命じられたりと、希望が通らない配属への不満をもつひとが、数多くいます。

.最初数年は、ほぼ上がらない給料

新入社員から万円支給されたり、入社翌年から万万ずつ上乗せされる企業も多い中で、トヨタは勤勉に働く発給の若手が、何もしない大量のおじさんを支える「日本の縮図モデル」と揶揄されています。

日本を代表するメーカーにして、入社後数年は給料がほとんど変わらないという、不思議な報酬体系がとられています。

.社内での社員同士の無意味研修

社員研修が多いトヨタですが、その大半は社員同士で行う我流の社員研修です。

その時間の長さと有効性の怪しさには定評があり、「...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける