丸紅から早期に退職しないとヤバい7大理由~丸紅からコンサル転職志望者急増中!

丸紅から早期に退職しないとヤバい7大理由~丸紅からコンサル転職志望者急増中!

総合商社万年5位の異名をとる、丸紅。配属先を選べず、担当業界が固定化し、膨大な社内調整を強いられ、なんといっても長年居すぎると社外価値がつかないことへの問題意識から、多くの若手人材が「30後半で手遅れ」になる前に、丸紅から転職しています。しかしそんな丸紅でも向いていて、幸せな人も存在します。その特徴を論じます。

総合商社、永遠の第位丸紅から、流出するヒトしないヒト

.専門性が身につかない身につく特技は社内調整?

これは総合商社退職者が異口同音に嘆く理由ですが、総合商社特有の社内調整業務の多さに嫌気がさして退職する人が続出です。

恐ろしく多い社内検討用資料、不要と思われる社内調整資料の多さに、「実際に価値を実感できる仕事をしていないし、社外に出て通用するスキルが身につくとは思えない」との問題意識から、まだ転出できる年齢の若手が大挙して転職しています。

.配属リスク年同じ業務に携わる恐ろしさ

これも総合商社特有のリスクですが、一度配属されるとひたすら、その畑で働き続けることになります。営業をしたい人が管理部に投入されたり、営業だけは向いていないと思っている人が営業に放り込まれたり。

何より、自分が関心を抱いておらず、また未来も先細る業界・ポジションに配属されたときは、モティベーションがリミットロー(極限まで低い)状態で超長期間、同じ業界に縛られる可能性が高いです。

.消費者向けのビジネスがなく、B to B中心で退屈?

伊藤忠を勝手にライバル視している丸紅ですが、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける